Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(11/10)悲願成る! クレッシェンドラヴ、GⅢ福島記念を快勝!

 

先週末の日曜福島メインレース、11月10日(日)福島11R GⅢ福島記念(3歳以上オープン・芝2000m、ハンデキャップ競走)に出走したクレッシェンドラヴは1着でした!!!

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

19.11.10


互角のスタートから、道中は中団の外めを追走。4角より前を射程圏に入れると、直線馬場の真ん中から力強く脚を伸ばし先頭ゴール。待望の重賞初制覇となりました。


「強い競馬でしたね。前走のような競馬ができたことで幅が広がったとは言え、まだ半信半疑なところもあったのですが、今日の馬の落ち着き、雰囲気なら大丈夫かなと思い、前半から出して行きました。以前だと、あんな感じで出して行ったら馬が掛かっちゃって競馬になりませんでしたが、今回は1コーナー過ぎで折り合ってくれましたからね。あとは外から来るようであれば一緒になって動いて行こうと後ろを気にしていたのですが、来ないので自分からジワッと動いて行ったというわけ。直線は見ての通り、抜け出してからも最後までしっかり伸びてくれました。条件馬時代に乗せてもらった時から、『重賞を勝てるかも』と言っていただけに、こうやって実際に勝てて良かったですし、ホッとしています。本当に力をつけていますね」(内田騎手)


「前走で競馬の幅が広がりましたし、それを鞍上がうまく活かして、福島民報杯でも七夕賞でもないレースをしてくれましたよね。強い競馬だったと思います。内田騎手がずっと乗ってくれて競馬を教えてくれたからこその今日の勝利。馬はもちろん、内田騎手にも感謝しています。馬自身が少しずつ分かり始め、パドックで我慢して周回してくれていましたので、そういった面の成長も含めて、色々なことがあっての今日の重賞制覇につながりました。今回はレース間隔を詰めて使ったわけですが、そんな中で結果が出たのも良かったです」(林調教師)


◆以前から本馬の能力を買ってくれていた内田博幸騎手の導きもあって馬自身が着実に成長を遂げており、今回はハンデ差も味方につけて人馬一体となっての先頭ゴール。見事1番人気に応え、重賞ウイナーの仲間入りを果たしてくれました。なお、このあとは「馬の状態を見ながら慎重に考えていきましょう」と調教師。鞍上も「この先も楽しみ」と言ってくれていることですし、さらなる充実、飛躍を期待したいと思います。(HTC)

 

 

画像

 

 

画像

 

 

画像

 

 

画像

 

 

ということで、先週末の競馬開催で我らがクレッシェンドラヴがGⅢ福島記念を制覇、4度目の挑戦でついに悲願の重賞タイトル奪取を成し遂げました!!!

 

いやいやいや、当日現地での大興奮はもちろんのこと、表彰式を終えて東京に帰ってからも、そしてレースから丸二日が経った今この瞬間も、未だに興奮冷めやりません。

 

今回は舞台設定・枠順・斤量と好材料が揃いに揃い、また馬自身「重賞を勝てる力が備わっているのは明白で、後は時機がいつ来るかだけ」という感じになって久しかったのは事実ですが、こと競馬においては「勝てる」と「勝った」では文字通り天と地ほどの差があるだけに、とにかく今回のレースで重賞制覇を決められて、千載一遇の好機をしっかりとモノにしてタイトルを獲ってくれて本当に良かった、ただただこの一言に尽きますね。

 

 

また、今回の勝利は自身初にして私の出資馬としても初めての重賞レース勝利となったのは言わずもがな、他方でも倶楽部にとっては約9年ぶり・通算3度目となる重賞制覇で、鞍上の内田JとしてもJRA重賞通算50勝の節目という、いろいろとメモラブルな勝利。

 

そして、管理する林厩舎にとってはこれが初の重賞制覇で、これによって林厩舎は初出走・初勝利・初重賞勝利が全てクレッシェンドラヴという事にもなりますから、これから続く林先生のキャリアを語る上でも欠かせない、生涯忘れ得ぬ一頭になったのではないでしょうか。

 

 

さて、話を福島記念に戻しまして、今回のレースで上位に入った馬の名前を見てみると、過去3度の顔合わせの全てで後塵を拝していたことから「宿敵」の枕詞がついていた3着ミッキースワローはもちろん、4着ウインイクシードは条件馬時代に霞ヶ浦特別で、5着レッドローゼスは今春の福島民報杯でと、それぞれ過去のレースでクレッシェンドラヴとワンツーを決めたことのある面々で、ある意味では自身の対戦歴の価値の高さ、過去に戦ってきた相手の層の厚さをも証明するような結果ともなったように思います。

 

また、上位馬の中では唯一直接の対戦歴の無かった2着ステイフーリッシュクレッシェンドラヴの半弟キングオブハーツと同じ新馬戦でデビューした馬で、当時はこの馬よりキングオブハーツの方が単勝が売れていた…というのは会員の間では有名な話(?)。

 

もちろんそこに因果関係などあるはずもありませんが、半妹パーフェクトラヴ屈腱炎によって引退を余儀なくされた直後というタイミングもあって、不思議な縁と言いますか、得も言われぬ巡り合わせのようなものを感じる結果にもなりました。

 

 

ともあれ、今回の勝利で我らがクレッシェンドラヴは「主な勝ち鞍:GⅢ福島記念」という勲章を胸に先々の戦いへと挑んでいくこととなり、これからは新たな勲章の追加、そしてよりグレードの高いレースでの勝利が求められていくことになりますね。

 

また、タイトルホルダーとなった以上はこの後の方向性、特に次走予定の選定については世間からの注目もより一層に集まる所かと思いますが、これに関しては今までと何も変わらず、まずは何よりクレッシェンドラヴ自身の状態が最優先。

 

そんなわけで(?)、今回もまずは過ごし慣れたテンコーTCで激戦の疲れをしっかりと癒し、心身ともに再び万全の状態を整えたうえで次へと向かっていってもらえれば、と思います。