Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(10/14)ディメンシオン、GⅡ戦でも好走を

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の東京競馬メインレース・10月14日(月・祝)東京11R GⅡアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(3歳以上オープン・芝1800m、牝馬限定戦)に我らがディメンシオンが出走します。

 

 

前日夜23時現在の夜間売りオッズは、単勝11.5倍の5番人気。

 

手元の専門各誌の想定オッズでも概ね4~6番人気となっており、人気順としては前走と同じくらいというイメージで良さそうですね。

 

また、枠順は1枠2番となりました 。

 

流石に内に寄りすぎたかなあという感じがあるのは確かですが、隣枠で最内発進のジョディーが宣言通りにハナを主張していくのであれば、同馬が抜けて出来たスペースにすっぽりと収まることは十分に可能なはず。

 

それが叶えばポジション的にはちょうど良い所につけられると思いますから、ここは内を上手く立ち回って結果を出した前走のようなイメージで、内枠を活かして序中盤をロスなく運び、上手く切り返したところで直線を向くような競馬を期待したいところです。

 

 

さあ、春先の頓挫からの軌道修正を果たして重賞実績を積んできたディメンシオンが明日の東京競馬場で、自身としては初めてGⅡ格付けのレースに挑戦することとなりました。

 

台風の直撃によって土曜・日曜と東京競馬の開催が見送られた中、唯一この月曜東京の1日のみが開催される事になったのは不幸中の幸いだったかと思いますが、それでも降雨による馬場への影響は大なり小なり残っていると思いますし 、加えて明日は再びの雨予報で馬場コンディションがどうなるか。

 

持ち時計を大幅に詰めてきた前走の走りからも馬場が軽いに越したことは無いと思いますが、一応(下級条件での物とはいえ)過去には重馬場での勝ち星を挙げた実績もありますし、極悪馬場での開催となった土曜日の競馬で半弟のパンサラッサが鮮烈な勝利(時計差2.5の大差勝ち!)を挙げたのも追い風と言えそう。

 

そしてもちろん、ディメンシオン自身の力量も十分に強敵相手のGⅡ戦でも勝ち負けを演じられるレベルに達していると思いますから、明日の府中では馬場の渋化や寄せる飛沫を乗り越えて、今度こそ待望の重賞タイトル奪取を叶えてもらいたいと思います。