Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(10/10)ディメンシオン、いざGⅡ府中牝馬ステークスへ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ディメンシオン

 

19.10.10

 

10月14日(祝・月)東京11R 府中牝馬ステークス(GⅡ・芝1800m)に北村宏司騎手にて出走予定。


「帰厩後はここまで順調にきていますよ。今朝の追い切りも予定通り、終い重点で良い反応でしたし、この後、東京までの輸送がありますので、これくらいの強度で十分でしょう。東京では勝っていませんが、左回りには実績がありますし、距離の1800mも守備範囲と合っています。ただ、牝馬限定戦とはいえ、今回はG2の別定戦で他馬との斤量差がほとんどなく、相手もG1馬を含む粒ぞろいのメンバー構成になりましたからね。そう簡単にはいかないと思いますが、何とか頑張って欲しいところです」(荻野助手)


「行き出してからもしっかり折り合っていましたし、仕掛けてからの反応も抜群でした。状態は良さそうです」(岩田望騎手)


「飼葉をちゃんと食べており、鞍付きで472kg。いつもの体つきですし、状態は全く問題ありませんよ。あとは輸送後に現地で飼葉を食べてくれるかどうか。その時々の馬の気分次第といったところがありますので、こればかりは行ってみなければ分かりません」(藤森厩務員)

 

 

今週末の東京戦・10月14日(月・祝)東京11R GⅡアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(3歳以上オープン・芝1800m、牝馬限定戦)への出走を予定しているディメンシオンですが、今朝には坂路での最終追い切りも消化して態勢を整え、レースへの出走も確定させてきました。

 

今回は毎月1走ペースで使ってきての3走目、また少し急にも思えた立ち上げから心身の状態が万全に保てているかという部分が気になる所ではありましたが、現状で「状態は全く問題ありません」ということですし、また心配していた台風の影響についても(月曜日に限っては)開催が絶望的ということまでは無さそうで、レースの延期・中止といった不安についても一先ずは大丈夫そうな情勢。

 

となれば内外の懸念材料に対する不安は少なく、あとは「今回はG2の別定戦で他馬との斤量差がほとんどなく、相手もG1馬を含む粒ぞろいのメンバー構成」で相手関係がどうかというところですが、実際に「牡馬混合の別定斤量の重賞戦」で好走してくれた2走前のGⅢ関屋記念での走りは大きな自信になっていますし、今回も地力をしっかりと引き出すことさえ出来れば差は無いはず。

 

加えて、実績上位の馬たちとの比較では今回ここに賭けるモチベーションの差という部分でのアドバンテージもあると思いますから、週末のレースでは再び地力全開の競馬を見せて名だたる強敵を打ち倒し、待望のタイトル奪取を叶えてもらいたいと思います。