Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(9/19)クレッシェンドラヴ、いざオールカマーへ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

19.09.19

 

9月22日(日)中山11R オールカマー(GⅡ・芝2200m)に内田博幸騎手にて出走予定。


「昨日の追い切りは手前を替えるのもスムーズでしたし、動きも良かったですよ。以前よりも馬場入りした後の落ち着きが増してきており、乗っていて安定感がありますね。先週もしっかりやっていることですし、休み明けでも良い状態でレースに臨めると思います。メンバーは一段と強くなりますが、相手なりに走れるような面もありますので、何とか良いところを見せてもらいたいものです。パワーも備えている馬ですから、雨は大丈夫でしょう」(金子助手)

 

 

日曜日の中山競馬メインレース・9月22日(日)中山11R GⅡオールカマー(3歳以上オープン、芝2200m)に向けて美浦で調整が続けられているクレッシェンドラヴですが、今週に入っても(最終追い切りとなった水曜日のコース追いに加えて)坂路時計も2本出すなど精力的な乗り込みでレースに向けての態勢を整え、同レースへの出走も確定させました。

 

中でも水曜の最終追いでは、南Wで5F=66.1-12.7を計時。

 

最終調整を終えての陣営の手応えは各媒体の記事

 

【産経賞オールカマー】クレッシェンドラヴ1馬身先着(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ好反応 1馬身先着に金子助手「いい感触」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンド変身!スムーズに手前転換で伸びた(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ ウッドで先着「相手なりに動ける強みを生かせれば」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

【産経賞オールカマー】ギア全開!クレッシェンドラヴ変わり身十分(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ 重賞初制覇へ“ここ一本”(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

も参照していただくとして、頭記の談話と合わせて見ると「抜け出してからは少し甘さが見られたものの、時計・動きは十分で操縦性も上がっている」という感じで、総じて普段の姿と大きく変わりない、安定感のある追い内容だったよう。

 

陣営としても追い内容や日頃の素振りからメンタル・フィジカルの両面での成長を感じ取れているようですし、また外厩先のテンコーTCから続く調整の流れもこれまでのルーティン通りのもので、今回も仕上がりに不安は無さそうです。

 

となれば後は単純に相手関係や軽い芝への適性がどうかという所になり、こと夏の間ローカル開催で戦ってきたクレッシェンドラヴにとって今回のレースは「一線級相手の腕試し」という鞍になりますが、それだけにここは今後のローテーションを大きく左右する分水嶺ともなり、強敵相手でも力が入る一戦。

 

そんな中でも周囲の下馬評は「3強の一角崩しを狙う中穴馬」といった程度に落ち着いているようではありますが、少なくとも今回のレースへの本気度という部分ではメンバー中でも随一、また力量自体も十分に通用するだけのものを持っているはずですから、日曜日の中山では走り慣れた舞台に乗り慣れた鞍上、そして週末の雨予報をも味方につけて古馬王道路線での存在感を一層高めるような競馬を、そして狙い澄ました一戦での大物食いを、それぞれ大いに期待したいと思います。