Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(9/14)グランソヴァール、復帰戦の走りは?

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の中山競馬9レース・9月14日(土)中山9R 古作特別(3歳以上1勝クラス・芝1600m)に我らがグランソヴァールが出走します。

 

 

前日夜22時現在の夜間売りオッズは、単勝19.7倍の6番人気。

 

新聞の印と比べて見ると流石に直前になればもう少し売れているかとは思いますが、下馬評としては連下から中穴として狙えそうな一頭、という程度の扱いになるでしょうか。

 

 

また、枠順は1枠1番という事になりました。

 

跳びの大きな馬だけに最内発進は正直どうかという思いがある一方、上手く出していくことが出来れば距離ロスを抑えながら位置を取っていけそうな所でもあり、良くも悪くも結果を大きく左右してきそうな枠目を引いてきたかなと。

 

特に、今の中山芝では最初の一歩の踏み遅れが致命傷にもなり得るだけに、まずは発馬をしっかりと決めたうえで二の脚も付け、意識的に前目のポジションを取りに行って欲しいもの。

 

それでも鞍上の嗜好として明日のレースで一気にハナまで行くかとなると?ですが、ひとまず前目前目で運びながら少し早めに外へと切り返すような競馬、ちょうど先週のディメンシオンと同じような競馬の進め方が理想の形という事になるのかな、と思っています。

 

 

さて、夏を充電期間に充てていた3歳馬グランソヴァールが、いよいよ待望の秋シーズン初戦を迎えます。

 

今年はここまで4戦して未勝利という成績に甘んじていますが、馬自身が持っている素質自体は同期の父産駒の中でも1・2を争えるレベルのモノがあるのでは、と惜敗続きの中でも今後の飛躍を密かに期待し続けている一頭。

 

ただその一方、(スピードよりもパワーが勝ったタイプという印象もあって)今の中山のような馬場、時計の出る芝への適性という部分には疑問符が付くようにも思いますが、春先には同じく時計の早かった東京コースでも一定の結果は出してくれており、ひとまず性能の高さでカバーできる範囲ではあるのかなと。

 

それでも今回は叩き良化タイプの休み明けという事もあり、明日の中山でも先ずは無事の完走を絶対条件として、そのうえで今後に繋がるような内容のあるレースをしてくれれば合格点という事で良いかな、というのが正直なところ。

 

もちろん久々からでもこちらの想像以上の結果、休み明け初戦からいきなりの快走を見せてくれれば何よりの事ではありますし、3歳シーズンの秋初戦で低評価に反発する力走を見せてくれた半姉と同様に、夏を越えてこちらの想像を上回るほどに心身を充実させてくれている可能性は大いにあるはず。

 

いずれにしても明日の中山で「身体が成長し、トモもしっかりした」と陣営が語るグランソヴァールの新たな姿が見られるというのは楽しみな限りで、出来る事ならそこからレースに行っても夏を越えての成長が感じられる走り、そして今後にメドの立つ競馬を見せてもらえれば、と思います。