Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(9/8)エレナレジーナ、流れに乗り切れず

 

先週日曜の中山競馬7レース・9月8日(日)中山7R 3歳以上1勝クラス(芝1200m)に出走したエレナレジーは10着でした。

 

 

エレナレジー

 

19.09.08


まずまずのスタートから、中団の内を追走。直線に向いて末脚を伸ばしましたが、前が止まらず、結果10着での入線となっています。


「初めての1200mにちょっと戸惑って走っていましたね。それに開幕週で時計が速く、かつ上がりも速いため、この馬には馬場もあまり向きませんでした。前走1400mの時のような前目から流れ込む競馬をイメージしていましたが、今日の感じだと1200mはちょっと忙しいのかもしれません」(武藤騎手)


「初めての1200mに戸惑うところがあったようですが、今日の感じだけで言えば、それを差し引いてもちょっと忙しかったのかも。それほどビュッと脚を使うようなタイプでもないことから、速い時計での決着、上がりの速い競馬も向きませんでした。春の東京の時くらい走れれば、このクラスでも勝負になると思いますので、また条件を替えて仕切り直したいですね」(加藤征調教師)


◆減量騎手を配して好位からの競馬が理想でしたが、開幕週かつ1200mの流れに戸惑いを隠せず、道中はやや後ろのポジションから。ラストは脚を使っていたものの前がまったく止まらず、団子状態での着外となってしまいました。なお、このあとは「権利が獲れなかったため、いったん放牧を挟むことになると思うが、ほどなく戻して秋の新潟あたりを意識」と調教師。体重の増加やトモの強化など、もうひと成長が欲しいところです。(HTC)

 

 

他馬のアクシデントもあってゲート内で待たされる格好になるも、飛び出し自体はまずまず。

 

そこから前目のポジションを窺っていこうと鞍上が手を動かしながら出ていきますが、今回は1200m戦という事もあって周りも速く、二の脚で遅れて後方からの競馬を余儀なくされます。

 

その後は後方インを追走しつつ、他馬の動きに合わせて3-4コーナーで大きく外へ切ったところで直線を向きますが外の馬が蓋となって進路が取れず、再びインへと切ってぽっかりと空いた内に突っ込むことに。

 

そこからはしっかりとした脚を使ったものの先行各馬との距離感は既に遠く、また勢いを付けていた外の差し馬を上回る伸びまでは見せられず、最後は流れ込むようにゴールイン。

 

結果、16頭立ての10着でレースを終えています。

 

 

…ということで、エレナレジーの復帰初戦は、勝ち馬と0秒6差の10着(7番人気)という結果に終わりました。

 

通用以上の期待をもって送り出した一戦だっただけに、16頭立ての10着という結果に終わってしまったことは残念でしたが、今回の「芝6Fを1.07.8で走って勝ち馬と0秒6差」という数字上の記録は決して悪くないもので、これをもって「スプリント戦は適性外」と断じてしまうのは少し惜しいような気も。

 

陣営としては「条件を替えて仕切り直したい」という事ではありますが、個人的にはもう少しパワーの要求される馬場、時計の速すぎない馬場コンディションの下でもう一度だけでもスプリント戦での走りを見てみたい、という思いは残りますでしょうか。

 

他方、今後の課題として気になる所は夏を越しての復帰戦でも馬体が減っていた点で、(帰厩直後の馬体重からの逆算で)多少の馬体減は大方の予想通りだったとはいえ、やはりもう少し幅を持たせて欲しいもの。

 

そんなわけで(?)大敗後という事もあってどうしても注文が多くなってしまいますが、素質自体は1勝級の相手に混ざっても十分に通用するだけのものを持っていると思いますから、停滞が続く現状から何とかもう一枚、殻を破ってもらいたいと思います。

 

 

ç»å