Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(9/1)ストームハート、変わり身なるか

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の小倉競馬3レース・9月1日(日)小倉3R 3歳未勝利(D1700m)に我らがストームハートが出走します。

 

 

前日夜23時現在の前売りオッズは、単勝12.1倍の5番人気。

 

まだ投票の母数が少ない時間帯だけに参考程度のオッズにはなりますが、同条件で結果を出してきている他馬よりも票を集めているのは中々面白いところで、スーパー未勝利という舞台にあって700mの距離延長&初の一周戦という未知の魅力に一票を投じる方が意外と多い、ということでしょうか。

 

 

また、レースでの枠順は8枠15番に決まりました。

 

想定される競馬の形からも、もう少し内目の枠が欲しかったというのが正直なところではありますが、ここと決まってしまったものは仕方ありませんので、外枠からでもダッシュを効かせて位置を取っていき、自分の形に持ち込みながらレースを進めてもらえればと思います。

 

 

さあ、いよいよストームハートが土壇場にして正念場の一戦、中央の未勝利戦としては正真正銘最後となるレースへ挑むこととなりました。

 

ここは過去のレース内容や舞台設定の変化、そして陣営の談話から「行くだけ行ってどこまで粘れるか」という競馬になる公算が大。

 

実際、1000m戦でも最初の100mでポンと前に出られるだけのスタートセンスとダッシュ力が自慢のストームハートだけに、一周コースの1700m戦なら「ハナに行く」こと自体は不可能なミッションでは無いはずと思いますが、問題はそこからの粘り、距離延長での息持ちがどうかという所。

 

加えて、初めての一周戦で平常心を保てるかどうかという部分もあり、さらに(全馬が勝ちに来る一戦とあって)レース自体が前掛かりの展開になる事も想定されるなど、総じて厳しいレースになることは間違いないと思いますが、今はただただ「芝の短距離よりはダートの中距離」という陣営の読みが当たることを信じて明日のレースでのストームハートの健闘、土壇場での好戦を祈るばかりです。