Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/29)エレナレジーナ、1週前も入念に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

エレナレジー

 

19.08.29

 

美浦トレセン在厩。昨日、ポリトラックにて単走で追い切られました。


「もう爪の問題もなく調整を進めることができており、休む前や先週と比べても動きに違和感はありませんからね。改めて状態が上がってきていると判断してよいでしょう。目標レースは9月8日(日)中山7R 1勝クラス(芝1200m)、鞍上は武藤雅騎手を予定しています」(加藤征調教師)

 

 

来週末の中山戦・9月8日(日)中山7R 3歳以上1勝クラス(芝1600m)に向けて美浦で調整が続けられているエレナレジーですが、水曜日にはPコースで1週前追いとなる時計も出し、レースに向けての態勢を整えてきています。

 

また、上記の中山戦での鞍上は「武藤雅騎手を予定」しているとのことで、休養前最後のレースだった5月の東京戦に引き続き、武藤雅Jが手綱を取ってくれるよう。

 

この人選には騎手としての腕前や減量との兼ね合いといった部分の事も勿論あったかと思いますが、個人的には前走のレース運びがこの馬にとって理想的な形なのではと思っているだけに、その前走からのタッグ継続は大歓迎。

 

前走で見せたあの走りを頭に入れたうえで序中盤を運び、そこに相手関係の変化や距離の短縮による一押しが加われば今回こそは上位進出のシーンがあって良いと思っていますから、来週末の中山では今度こそ期待に応える結果を出し、直後のレースに出走する同期のカナロアガール、そしてメインレースで重賞取りに挑むディメンシオンにそれぞれ最高の形でバトンを繋げてもらえれば、と思います。