Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(8/24)ストームハート、前進見せるも勝ち切れず


近況の方でもお伝えした通り、先週土曜日の小倉競馬3レース・8月24日(土)小倉3R 3歳未勝利(D1000m)に出走したストームハートは4着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ストームハート

 

19.08.24


絶好のスタートを切り、好位3~4番手からの競馬。直線入口でいったん離されかけたものの、ラストでもうひと踏ん張りを見せ、結果4着での入線となっています。


「良いスタートが切れましたので、もっと前に行こうかと思ったのですが、内の馬を気にしてあまり進んでくれませんでした。それでも終いまでちゃんと頑張ってくれていたように、初戦の時に比べれば数段良くなっていますね。今日の走りであれば、この条件が合っている感じ。ただ、もう番組がないのが残念です」(福永騎手)


「1000mだと今度は少し忙しいのでしょうか…。トモが緩い分、コーナーワークで我慢が利かなかったこともあって4角で膨れ気味になり、置かれる感じになりましたが、そこからまた盛り返しているのですから、内容的には悪くありませんよね。あれだけの好スタートが切れる馬ですし、内枠だったとしたら、さらにやれていたかもしれません」(野中調教師)


◆周囲を気にしてみせたり、コーナーで置かれ気味になったりと、まだまだ課題を残している状況ではありますが、前2走のレースぶりと比べれば格段の進歩。このあとは次走への優先権を行使し、『8月31日(土)小倉4R 3歳未勝利(芝1200m)または9月1日(日)小倉3R 3歳未勝利(ダ1700m)に連闘する』(師)方向で、レース後の様子を確認していく構えとなっています。(HTC)

 

 

今回も抜群のスタートを切り、最初の50mで早くも1馬身ほどポンと抜け出すような格好に。

 

そのまま出していけばハナを取り切れるかという感じもあったものの、「内の馬を気にして」進んでいかなかったということで内の馬に行かれてしまい、やむなく先団の外目に位置を取ります。

 

そのまま前を射程圏に入れつつレースを進めていきますが、4コーナーの出口で踏ん張りが効かず少し外に膨れてしまい、位置を下げて最後の直線を迎えることに。

 

それでも今回は(直線に向いてからはパッタリだった)過去2走とは違い、外からジリジリとでも伸び脚を見せて前に接近。

 

とはいえ直線入り口で既にリードを取っていた前2頭は遠く、また後方から伸びてきた3着馬にも交わされたものの、最後まで伸び脚を維持して先手を取って進めていた5着馬を交わし、4番手に上がったところがゴール板。

 

結果、デビュー以来最高着順となる4着でレースを終えています。

 

 

…ということで、ストームハートのデビュー3戦目は、勝ち馬から0秒9差の4着(5番人気)という結果でした。

 

上位馬間の着差は全て1馬身以上、勝ち馬との時計差は0秒9と上位には少し差を付けられての4位入線となりましたが、過去2走のそれと比較すれば着差も時計差も詰めており、また内容的にも(これまで直線を向いてアラアラになる競馬が続いていた事を考えると)直線を向いてからも脚を使えていたことは大きな前進で、まずは今回変わり身を見せてくれて良かった、という思いがあるのはひとつ。

 

ただ同時に、今回は決めるならここと考えて送り出した一戦でもあっただけに、4着という結果の受け止め方は悲喜交々と言いますか、芽が出始めたという喜びと同時に「勝てなかった」という悔しさも残る結果だった、というのも正直なところになりますでしょうか。

 

 

ともあれ、今回のレースで勝ち上がりを決めることが出来なかった以上、気になるのはレース後の動向で、この後は「『8月31日(土)小倉4R 3歳未勝利(芝1200m)または9月1日(日)小倉3R 3歳未勝利(ダ1700m)に連闘する』」ということで、今回手にした権利を行使して(施行最終週となる)来週の未勝利戦に続戦していく、という方向性が濃厚になっているよう。

 

ただ、福永Jの言にある通り来週末の小倉競馬には出走可能なD1000mの未勝利戦が組まれていない(31日の3Rは内国産馬限定戦)のが痛恨で、芝を使うにせよダートを使うにせよ、ここからの距離延長は必至ということに。

 

ようやく光明が見えてきた中でも情勢は厳しい限りですが、とにかく泣いても笑っても次が最後、ストームハートにとっては今週末に臨むレースが中央で使える最後の未勝利戦ということになりますので、まずは悔いのないレースが出来る事を、そしてレースに行って最高の結果を出せることを、それぞれ切に祈りながら週末を待ちたいと思います。