Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/22)ストームハート、運命の一戦へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ストームハート

 

19.08.22


8月24日(土)小倉3R 3歳未勝利(ダ1000m)に福永祐一騎手にて出走予定。馬体重504kg(8/20測定)


「相変わらず息の入りがもうひとつではありますが、稽古だけでいえば抜群の動き。レースでも力を出しきることができれば、あっさり勝ってくれてもおかしくない走りなのですが…。1000mの距離でスピードを活かせれば、一発があるかもしれません。それだけに、まずは今週のレースに入ることができて良かったです」(野中調教師)

 

 

週中の段階では希望していた小倉戦・8月24日(土)小倉3R 3歳未勝利(D1000m)に出走できるか微妙な情勢だったストームハートですが、出馬投票の結果なんとかフルゲートの中に滑り込み、同レースへの出走を確定させることができました。

 

時期が時期だったことに加えて「少しでも短い距離を」という希望もあり、ここで出走の機会が得られて本当に良かった、まずはその一言ですね。

 

後はレースに行って力を発揮できればという所ですが、陣営としては元より今週の競馬に照準を絞って作ってきており、実際に今週の調教では栗東坂路で4F=53.0-12.0という好時計を出して好調をアピール。

 

相変わらず調教での動きは申し分なく、野中先生の言を借りて「稽古だけでいえば抜群の動き」で「レースでも力を出しきることができれば、あっさり勝ってくれてもおかしくない」というのが陣営と出資者の総意、ということになりますね。

 

また、今回ここで過去に騎乗経験があってこの馬の強みを知っている福永祐一Jを確保できたというのも好材料で、あとは明日発表になる枠番が内に寄っていることを祈るばかり。

 

加えて、前走を使っての上積みや舌を縛った効果などにも期待したいところで、とにかくストームハートがレースで力を発揮することさえ出来れば大逆転での勝ち上がりも決して不可能ではないと思っていますから、いよいよ迎える週末のレースでは勝利のみを目標としてゴールまで、文字通り一目散に邁進してくれればと思います。