Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/22)ディメンシオン、予定通り京成杯へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

19.08.22


栗東トレセン在厩。今週はおもに坂路にて普通キャンター1本の調整となっています。


「(昨日の坂路調整時に)巻いていたバンテージが外れてしまう格好となりましたが、上がりに問題は見られず大丈夫。前走後の馬体の回復も順調にきていることですし、トレセン在厩のまま、9月8日(日)中山11R 京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ・芝1600m)に向かうことになりました。今週は仮にやったとしても、週末に15-15程度でよいでしょう」(田代助手)

 

 

前走後も栗東で調整が続けられているディメンシオンですが、この後は「トレセン在厩のまま、9月8日(日)中山11R 京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ・芝1600m)に向かうことになりました」ということで、続戦先はやはり2週後の中山戦、9月8日(日)中山11R GⅢ京成杯オータムハンデキャップ(芝1600m、ハンデキャップ競走)ということになるようですね。

 

となれば、次走に向けてはこれまでに培ってきた放牧と出走のルーティンが崩れること、ゴール前に急坂のあるコースに変わること、そして中3週で新潟・中山へのダブル輸送(?)となるのがどうかということ、この辺りがポイントになってくるのかなと。

 

また、前走時に絶好調の状態にあったであろう心身のコンディションをどれだけキープできるかがという部分も焦点になってくるかと思いますが、この辺りのことは厩舎陣営にお任せする他ありませんし、敏腕揃いの藤原英厩舎のスタッフの手腕に掛かれば造作もない…とまでは行かないまでも、きっと首尾よくやってくれるはず。

 

それさえ叶えば次回も当然好勝負になってくれると思っていますから、この先も今の充実度と前走時に感じた雰囲気の良さをしっかりとキープして、前回見せた豪脚を再び披露してもらいたいと思います。