Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/22) エレナレジーナ、中山に目先変え

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

19.08.22

 

美浦トレセン在厩。爪の回復に伴い、先週末より再びピッチを上げて乗り込まれています。


「昨日は角馬場からポリトラックに入り、馬なりでサーッと。単走での追い切りになりましたが、右前の蹄を気にする前と比べても遜色のない動きでしたので、この調子でさらに乗り込みを進めていければと思います。新たな目標として、9月8日(日)中山7R 1勝クラス(芝1200m)あたりを意識しています」(加藤征調教師)

 

右前蹄への感染症によって小休止と次走予定の変更を余儀なくされてしまっていたエレナレジーですが、その後の経過は順調だったようで、先週末にPコースに入ったのを皮切りに再び乗り込みを進めていき、水曜日には同じくPコースでの追い切りも無事に消化できた様子。

 

そして、これを受けてか「新たな目標として、9月8日(日)中山7R 1勝クラス(芝1200m)あたりを意識」して乗り込みを進めていくということで、この後は2週後の中山戦、9月8日(日)中山7R 3歳以上1勝クラス(芝1600m)を目標に進めていくことになったよう。

 

これで当初目標としていた新潟のレースから2週スライドすることにはなりますが、(放牧などによる)予定の大幅な変更までは強いられずに済んだのは何よりですし、同じく1勝級の短距離戦に使っていくというのであれば、ここでも勝ち負けの競馬は大いに期待できるはず。

 

ただ、今回は術後ということもあって何よりも頓挫なく順調にというのが第一になりますから、先ずはこれからの2週間を無事に過ごしたうえでレースに行っても無事の完走を、そして願わくばその先で久々の快走と勝利が見られれば、と思います。