Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(8/17) パーフェクトラヴ、注目のデビュー戦

 

新潟遠征の後遺症で記事の下書きが溜まりに溜まっていますが、まずは賞味期限の早いこちらから。

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

パーフェクトラヴ

 

19.08.15


8月17日(土)札幌5R 2歳新馬・牝(芝1500m)に藤岡康太騎手にて出走予定。


「追い切りは実戦同様、スタート地点となるポケットから。先週の時点ではまだ分かっていないような走りでしたが、今週は集中力、反応ともに良化が窺えましたよ。ゲートは速いほうですので、結構好位につけて行けるのではないでしょうか。いずれにせよレースは出たなりで、あとは流れに任せる形。デビュー戦ですから、無理にキツく当たっていくようなことは要求しません」(高柳大調教師)

 

…ということで、明日の札幌競馬5レース、8月17日(土)札幌5R メイクデビュー札幌(2歳新馬、芝1500m)に我らがパーフェクトラヴが出走します。

 

再入厩からここに至るまでの過程と調整はすこぶる順調、また芝コースで併走相手を一気に突き放した最終追いの内容も上々のもので、あとは実戦に行っても同じような走りを見せることが出来れば、初戦から楽しみがあっても良いはず。

 

ただ、ご存じの通りパーフェクトラヴはクラブ所縁の繁殖でもある母ハイアーラヴの仔で、つまりはクレッシェンドラヴ(新馬戦1番人気2.8倍→12着/16頭)とキングオブハーツ(同2番人気3.8倍→7着/9頭)の妹ということになりますから、血筋的に初戦から入れ込み過ぎるのは少し不安というか、一歩引いた目で見ているのが精神衛生上は良いのかな、という思いがあるのも確か。

 

それでも、パーフェクトラヴ自身を個体として見てみると(想定)馬体重420kg前後の小柄な牝馬で仕上がりは早そうですし、また進捗的にも適性的にも初戦の舞台が夏の札幌になったというのも好感が持てるだけに、これなら初戦からでも過去の兄姉たちとは違った面、持っている素質の一端を見せてくれる可能性もあるのでは…と懲りずに期待しつつ、明日のレースを楽しみに待ちたいと思います。