Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/1)スノージュエリー、今週レースへ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

スノージュエリー

 

19.08.01

 

8月4日(日)新潟1R 2歳未勝利(芝1600m)に藤田菜七子騎手にて出走予定。


「前走後も変わりなくきていますが、なかなか体が大きくなってこない様子。トレセンに居続けるとプレッシャーにもなるでしょうし、休ませることで成長が見られるかもしれませんからね。ここを使った後については、改めて考えていきましょう。今回は1600mの距離、速い時計になってどうかを見てみたいと思います」(根本調教師)


「一生懸命走る馬ですので、(昨日の追い切りでも)それなりに動いてくれますが、それゆえに一杯一杯になってしまうところも。まだ体が出来上がっていない馬ですからね。所々で少しモタれる感じがありました。前走の1200mで少しついて行けないところがありましたので、距離が延びるのはイイのではないでしょうか」(藤田騎手)


「特にまだ左トモがパンとしていない感じではありますが、昨日の稽古の走りを見る限りではコーナリングも大丈夫そうでしたよ」(高橋助手)

 

 

今週末の新潟戦・8月4日(日)新潟1R 2歳未勝利(芝1600m)への続戦を視野に美浦で調整が続けられていたスノージュエリーですが、水曜日にはPコースでの最終追い切りを消化して態勢を整え、同レースへの出走も確定させてきました。

 

初戦を使った後も(中2週で実戦に使っていけるように)大きな反動が出なかったことに加えて藤田菜七子Jの継続騎乗が叶うというのも何よりで、あとは福島の6F戦から新潟のマイル戦へと大きく舞台設定が変わってどうかという所になりますが、その辺りの事を含めて未だ手探りというか、掴み切れていない適性を掴もう、というのも今回のレースにおけるテーマのひとつ。

 

先々に向けて今はトライ&エラーを繰り返してでも経験を積んでいくことに価値があると思いますので、この調子で出走回数を重ねていく中で、あるいは日々を過ごす中で得られた経験を結果に結びつけながら一歩一歩着実に前進していってくれれば、と思います。