Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/1) アレアシオン、良化着実

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

アレアシオン

 

19.08.01


美浦トレセン在厩。昨日、内田博幸騎手を背に北のダートコースにて追い切られました。


「ウッドが工事中で使えないため、長めはダートやポリトラックで。まだ馬が固まっていない段階ですので、疲れを残さないよう気をつけていきたいですね。今週くらい動けていれば悪くないですし、反応などからもやはりダート寄り。来週8月10日(土)新潟5R 2歳新馬(ダ1800m)でのデビューをめざします。鞍上は内田博幸騎手にお願いしました」(尾関調教師)


「まだ随所に若さを感じさせるものの、コントロールは利く馬ですよ。遊びがあるということは、変わってくる余地があるということ。これからレースを経験していく中で、段々と良くなってくるのではないでしょうか」(内田騎手)

 

 

来週末の新潟戦・8月10日(土)メイクデビュー新潟(2歳新馬、D1800m)でのデビューに向けて美浦で乗り込みが続けられているアレアシオンですが、今週は水曜日にCコースで1週前追いとなる時計を出し、デビューに向けての態勢を整えてきています。

 

そのCコースでの追い切りでは、レースでも手綱を取る予定だという内田博幸Jを背に、5F=67.1-12.6を計時。

 

ここで刻んできた時計、また古馬4勝の併走相手を大きく追走しながら併入に持ち込んだ併せの内容を先週までの追い内容と比較するとその差は一目瞭然で、これは鞍上の闘魂注入が実った感じでしょうか。

 

その内田Jからは「本当に良くなってくるのはまだまだ先」というニュアンスに見えるコメントが出されています(実際にその通りなのでしょう)が、ひとまず今回ここで実戦級の内容の追い切りを消化できたというのは何よりで、来週末に控えるデビュー戦に向けてもまずは一安心、といったところ。

 

もちろんアレアシオン自身は晩成血統の2歳馬で本格化はまだまだ先、「レースを経験していく中で、段々と良くなってくる」馬とは思いますので、まずはレースまでの期間を怪我無く順調に過ごしたうえで初の実戦も無事に終え、その上でその経験を先々への糧にしながら少しづつでも着実に力をつけていってくれれば、と思います