Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/1)ディメンシオン、一週前も順調に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ディメンシオン

 

19.08.01


栗東トレセン在厩。きのう坂路にて追い切られています。


「この中間は飼葉喰いが旺盛で、そのぶん体も立派ですが、前走時よりも今回の方が放牧先から今日に至るまでより順調にきていますからね。今週ビッシリやりましたので、これで良くなってくるでしょう。よって来週はもうサーッと。8月11日(日・祝)新潟11R 関屋記念(GⅢ・芝1600m)に向けて、しっかり仕上げていきたいと思います」(田代助手)

 

 

来週末の新潟戦・8月11日(日・祝)新潟11R GⅢ関屋記念(3歳以上オープン・芝1600m)に向けて栗東で調整が続けられているディメンシオンですが、水曜日に坂路で1週前追いとなる併せ馬を消化するなどこの中間もしっかりと乗り込みを進められ、レースに向けての態勢を着実に整えてきています。

 

その水曜日の1週前追い切りでは(「ビッシリやりました」と言われているように)鮫島良太Jを背にして併走相手を前に見ながら一杯に追われ、坂路で4F=52.9-12.1を計時。

 

もう5歳の夏とあって調教の動きに一喜一憂する時期でもないですが、調教の動きは相変わらず軽快なものですし、また長期明けだった前走時の一週前追いと比較して、終いの伸びが上回っているのも好材料ですよね。

 

また、(レースに向けての馬体の太細はともかく)「この中間は飼葉喰いが旺盛」というのも好感で、実際に昨年は夏から秋にかけて怒涛の3連勝でOPまで駆け上がって行ったわけですから、やはり夏場にバイオリズムが良くなるというか、調子を上げていくタイプでもありそう。

 

いずれにしても、今回は前回とはデキ具合が一段二段違う状態でレースに臨めることは間違いないはずで、そうなれば前走と同じような内容と結果になるとは到底思えませんから、あとはレースまでの1週間を怪我無く無事に過ごして万全の態勢を整えつつ、メンタル的にもフラットな気持ちを保ったままで本番に望んでもらえれば、と思います。