Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(7/20)ストームハート、前進見せるも9着まで

 

先週の土曜中京4レース・7月20日(土)中京4R 3歳未勝利(芝1200m)に出走したストームハートは9着でした。

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ストームハート

 

19.07.20


好スタートを決めて、前半は先頭集団の一角を形成したものの、直線で追い出されてからの伸びが見られず後退。結果9着での入線となっています。


「スタートは良かったのですが、この馬には今日のような(重)馬場は合わなかったように思います」(デムーロ騎手)


「返し馬などを見ても、走らない馬ではないと思うんですけどねぇ…。それだけに、できれば(次走への優先)権利が欲しいところでしたが、大跳びで爪も大きな馬ですから、今日のような馬場はもうひとつ。他の馬もみんな同じ条件とは言え、良馬場でやらせてあげたかったです」(野中調教師)


◆他馬の出方を窺っているうちに左右からプレッシャーをかけられる形。絶好のスタートを切ることができただけに、結果的にはもう少し積極的にハナに立って進めて行ってもよかったのかもしれません。なお、このあとは、「今日のスタートの速さがあれば、やはり距離は短め。帰栗後の状況次第ではありますが、小倉のダート1000mや芝1200mあたりへの続戦も視野に、想定を見ながら出馬状況をチェックしていきましょう」と調教師。段々と条件は厳しくなってきますが、放牧明けを使ったこの次はさらに大きく前進といきたいところです。(HTC)

 

 

絶好のスタートを切ると二の足もつき、一旦は前走同様にポンと先頭へ。

 

押していけばハナに行けそうな態勢になりますが、そこから鞍上が仕掛けていく風な様子はなく、そのまま内からそっと出してきた他の馬に先手を譲り、周囲の馬の出方も窺いながら2番手の外目につけて3-4コーナーを回ります。

 

そこから直線に向かってペースが上がっていく中でも追走の手応えは楽で、あとは直線に向いて伸びるだけという競馬になったものの、追い出してからの伸びはもう一つ。

 

それでも伸びず垂れずという感じのまま坂を上っていったものの、最後は苦しくなったか失速。

 

結果、勝ち馬から1秒6差の9着でレースを終えています。

 

 

…ということで、変わり身を期待して送り出したストームハートのデビュー2戦目は、18頭立ての9着(5番人気)という結果に終わりました。

 

最後は勝ち馬から10馬身前後離されてしまったものの、タイムオーバーつきの最下位だった前走よりは着順も内容も上げていますので、この結果でも前進と言えば前進、なのでしょうけどね。

 

レース後の談話では鞍上や陣営から馬場を敗因とする声が挙げており、実際にその影響は少なからずあったのだろうとは思いますが、序盤を良い調子で運びながらも勝負所での伸びが見られず、最後に苦しくなってしまう…という競馬内容は(止まり方の差異こそあれ)前走同様のものでしたからね。

 

また他方、序盤の出方として「もう少し積極的にハナに立って進めて行ってもよかった」かなあという思いもありますが、(前走同様にプレッシャーをかけられる形になったとはいえ)最後は脚が上がるような感じになってしまっていましたし、ここで理想的な形に持っていけたとしても勝ち負けまではあったかどうか、というのが正直なところでしょうか。

 

…という事で、総合的に見てやや締まりがないレース、勝ち上がりには更にもう一段の変わり身が欲しいかなあという印象を受ける競馬になってしまいましたが、流石に未勝利戦終了までの1ヶ月でもっと力を付けろというのは無茶というものですので、ここからは舞台設定を変えての変身、あるいは一度使っての上積みといった部分に期待していくほかありません。

 

もちろんその辺りの事は陣営サイドも承知のうえで、今後はスタートセンスの良さが活きる条件、具体的には「小倉のダート1000mや芝1200mあたりへの続戦」を視野に入れつつ、想定を見ながら出走が叶いそうなレースを探して使えるところに使っていこう、という感じになっているよう。

 

それだけに続戦先は現段階では不透明の一言ですが、厳しい状況の中でも残り少ないチャンスを活かして光明を見出し、夏の間にここに至るまでの陣営の努力、そしてストームハート自身の頑張りが結果として形になってくれることを祈るばかりです。