Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(7/18)アレアシオン、乗り込みを重ねつつ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

アレアシオン

 

19.07.18

 

美浦トレセン在厩。昨日、坂路にて速めを消化しています。


「進めている中でも飼葉を食べてくれており、馬体重は480kg台の後半。まだ体に緩さを残していますし、昨日は馬場も悪かったですからね。それでも時計自体は予定していた通りで道中の行きっぷりは悪くなく、少しずつ動けるようにはなってきていますよ。機を見てコースで時計を出すなどして、指針を定めていくことになるかもしれません」(二口助手)

 

 

ゲート合格後も引き続き美浦で調整が続けられているアレアシオンですが、今週も水曜日に坂路で速めの時計を出すなど着実に乗り込みを続けられ、デビューに向けての態勢を徐々に整えてきています。

 

その水曜日の坂路追いは(小気味良い調子で時計を出していた)先週のものに比べると全体・終いともに少し時計が掛かったかなという印象もありましたが、陣営サイドとしては「時計自体は予定していた通り」ということで、この辺りの事はあまり気にしなくても良いのかなと。

 

それよりも気になるのは「機を見てコースで時計を出すなどして、指針を定めていくことになるかも」という部分で、これは来週再来週にかけてアレアシオンがコースで追い切られた素振りが見られ、またそこで合格点の時計を出せているようであれば週中の談話でデビューに向けての具体的なプランが浮上してくる可能性がある、という受け取り方をしてしまいますよね。

 

もちろん、実際の所はそう簡単な話ではないのでしょうが、この先も順調に乗り込みを重ねていくことが出来れば陣営サイドからそう遠くないうちにデビュー目標の話が聞かれそうな雰囲気があるのは確かですから、今後も怪我無く順調に日々のメニューを消化しつつ、尾関先生からデビューに向けてのGOサインをいただけるように頑張ってもらいたいと思います。