Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(7/13)スノージュエリー、まずまずのスタート

 

 

先週末の土曜福島5レース・7月13日(土)福島5R メイクデビュー福島(芝1200m、牝馬限定戦)に出走したスノージュエリーは8着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

スノージュエリー

 

19.07.13


遅れ気味のスタートから、徐々に押し上げて中団。コーナリングひと息も、最後まで下がることなく脚を使い、結果8着での入線となっています。


「(スタート)練習の時は速かったのですが、今日はもう一つでしたし、その後もあまり進んで行く感じではなかったですね。よって道中はあまり無理をさせない形。それでも最後は頑張って脚を使って走ってくれましたので、これで一旦楽をさせて、余裕ある状態で仕切り直してあげれば、使いつつ変わってくる余地があると思いますし、もっといいパフォーマンスができるのではないでしょうか」(藤田騎手)


「スタート後にもうちょっと気合いをつけて行ってみてもよかったかなと。そうすれば、もう少し着順を上げられたかもしれません」(根本調教師)


◆まだトモが緩く、徐々に力を付けつつある段階だけあって、スタートやコーナリングに課題を残しましたが、道中のペース対応は悪くなく、最後の直線ではそれなりに脚を使ってくれた形。これから経験を重ねていく中で好位追走が板についてくれば、さらに着順を上げていけるものと思われます。なお、このあとは、「厩舎に戻り、馬の状態を見てから考えていく」(師)予定になっています。(HTC)

 

 

スタートで少し右によれる格好となって後手を踏み、序盤は後方から。

 

鞍上の促すようなアクションにも応えつつ後方馬群の中ほど辺りに位置を取り、そこから内に入れてコーナーでのロスを抑えたうえで他馬の動きに合わせて外に出し、ロスなく大外まで動いて直線へ。

 

あとは前との差をどれだけ詰められるかという競馬になりますが、追い出してからは伸びず垂れずという感じになり、前にいた他馬を抜くことも後方の他馬に抜かれることも無いまま馬群の後方でゴールイン。

 

結果、16頭中の8着でレースを終えています。

 

 

…ということで、世代の一番槍を務めたスノージュエリーのデビュー戦の結果は、勝ち馬から1秒4差の8着(4番人気)という事になりました。

 

上位人気の一角という下馬評に応えることは出来ませんでしたが、もともと調教の動きも地味目で初戦から結果を求めるのはどうかという感じがあり、実際に手元の新聞ではブービー人気の想定だった事を考えると、初戦としてはまずまず良くやってくれたのではないかな、と思います。

 

そして肝心の部分、初戦を終えての今後については「一旦楽をさせて、余裕ある状態で仕切り直し」て臨む次走次々走で変わり身を見せられるかどうかという所が焦点になってきますが、そも今回のレースでも(勝ち馬から1秒以上離されたとはいえ)2着馬との時計差は0秒7差にまとめていますし、負けたにしても道中から追走で手一杯という事はなく、前述のようにスタートでのロスもあっての敗戦でしたからね。

 

順調に使っていければ「もっといいパフォーマンスができるのでは」という鞍上の見立てもあることですし、使いながらの経験蓄積に成長による上積みが重なればここからの勝ち上がりは十分に可能だと思いますから、今後も今までと同じように怪我無く順調に日々を過ごし、その中で着実に力をつけながら一歩一歩前進していってくれれば、と思います。