Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

GⅢ七夕賞のハンデが確定、クレッシェンドラヴは55㎏に

 

 

JRAのホームページにて、クレッシェンドラヴが出走を予定している今週末の日曜福島11レース・2019年7月7日(日)福島11R七夕賞(3歳以上オープン・芝2000m、ハンデキャップ競走)の出走馬に対して付与されるハンデキャップが発表されました。

 

 

2019年7月7日(日)2回福島4日

 

第55回 七夕賞(GⅢ) 第1回特別登録 16頭

 

3歳以上 (国際)(特指)オープン 

ハンデ 2000m 芝・右

 

アウトライアーズ  54.0
ウインテンダネス  56.0
エンジニア     54.0
カフェブリッツ   54.0
クリノヤマトノオー 55.0
クレッシェンドラヴ 55.0
ゴールドサーベラス 54.0
ストロングタイタン 57.0
ソールインパクト  54.0
タニノフランケル  55.0
ブラックスピネル  57.0
ベルキャニオン   55.0
マルターズアポジー 57.0
ミッキースワロー  57.5
ロシュフォール   55.0
 ロードヴァンドール 55.0

 

 

…ということで、今週末のGⅢ七夕賞に出走するクレッシェンドラヴの斤量は55㎏ということになりました。

 

前走時の内容と着差から55㎏という数字自体は想定内だったものの、横の比較で見てみると今年既に重賞で馬券になっているロシュフォールタニノフランケル・ロードヴァンドールといった辺りと同斤量で前走GⅡ目黒記念3着から臨むソールインパクよりも1㎏多く背負わされるということで、既に現級実績を持っていた馬たちと同斤の扱いだった前走に続き、今回も少し見込まれたかなあというのが正直なところでしょうか。

 

まあ、斤量を背負わされるというのはプロのハンデキャッパーにそれだけの評価をされているという事でもありますし、少なくとも55㎏という数字自体は全く問題になりませんからね。

 

あとは前述のように他馬との比較でどうか、そして当日の気配とレースに行っての感触がどうかという所にはなりますが、ここでも持っている力を引き出すことさえ出来れば上位陣との差は皆無だと思っていますから、今週末のレースでは昇級初戦からオープン通用のメドを立た前走に続いて更にもう一段階上のレベル、強敵相手の重賞戦でも十分にやっていけるという手応えを掴めるような走りを見せてくれれば、と思います。