Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

週末の特別登録(6/16)ディメンシオン、L米子ステークスに特別登録

 

JRAのホームページにて、ディメンシオンが出走を予定している来週末の日曜阪神11レース・6月16日(日)阪神11R L米子ステークス(3歳以上オープン・芝1600m)の特別登録馬が発表されています。

 

2019年6月16日(日) 3回阪神6日 

 

米子ステークス(L) 第1回特別登録 16頭

 

3歳以上 (国際)(特指)オープン 

別定 1600m 芝・右 外


アンコールプリュ   54.0
オールフォーラヴ   54.0
キョウヘイ              56.0
コウエイタケル      56.0
コスモイグナーツ   56.0
シャイニービーム   56.0
ジョルジュサンク   56.0
ストーミーシー       56.0
タツゴウゲキ          59.0
ディメンシオン         54.0

トウショウドラフタ  56.0
ヒーズインラブ      58.0
ベステンダンク      57.0
ランガディア            56.0
リライアブルエース 56.0
ワンダープチュック 56.0

 

 

 …ということで、来週末の米子Sで我らがディメンシオンと一戦を交える可能性のあるメンバーが発表されました。

 

特別登録馬を行った馬は16頭と事前の想定よりも少し増えましたが、それでもバリバリの重賞級といった感じの相手は不在、またリステッドだけに実績馬は相応のハンデを背負っており、除外の心配も頭数的に大丈夫。

 

ここは実に2年ぶりとなる混合戦でどうかという感じもあったものの、少なくとも登録馬の名前を見渡した感じではディメンシオンが持っている力をしっかりと出し切れば問題なく好勝負に持ち込めて良いメンバー構成、先々に向けて突破しなければならない相手関係になっているように思います。

 

あとはその「持っている力をしっかりと出し切る」ことが出来るかどうかという点、具体的には半年ぶりの実戦というハンデを抱えてのレースで実力の何割を引き出せるかという所に掛かっているかと思いますが、そこは天下の藤原厩舎、生半可な状態で実戦に使ってくるような事はしないはず。

 

もちろん陣営の談話からも完調手前の感が伝わってきておりデキ具合は良くて8分9分、またこの馬自身狙いは先という事もあって決して盤石な態勢で臨む一戦という訳ではありませんが、そんな状況下でもディメンシオンがしっかりと実力を出し切ったうえで諸々の好材が後押ししてくれれば、見せ場を作る以上の内容と結果が得られても良いでしょう。

 

もちろん(ここに至るまでの経緯もあるだけに)まずは無事の出走と完走が第一となりますが、今週末のレースではそんな中でも今後の楽しみが更に増えるような競馬、夏のマイル重賞に殴り込みをかけていけるような走りを見せてくれないものか、と期待しています。