Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

フッフール引退、お疲れ様でした

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

フッフール

 

19.05.08


今後の進退につきまして、調教師と慎重に協議を行いました結果、現時点での引退が適切であるとの見解で合意。本日コスモスホースケアへ放牧に出ており、近日中に競走馬登録を抹消することになりました。なお、出資会員の皆様には抹消手続きが完了し次第、詳細を書面にてお送りいたしますので、発送まで今しばらくお待ち願います。


「思い入れのある血統ですし、何とか格好をつけてあげたい気持ちは強かったのですが、この2戦のレース内容を踏まえて考えますと、正直なところ500万条件で進展を望むのは難しくなってきたと言わざるを得ないでしょう。それに何より、これ以上は馬にとって可哀想でもありますので・・・。誠に残念ではありますが、前走を最後に、このあたりでゆっくりさせてあげたいと思います」(小崎調教師)

 

19.05.10


本日付けにて、競走馬登録を抹消いたしました。なお、出資会員の皆様には詳細を書面にてお送りいたしますので、到着まで今しばらくお待ちください。長きにわたる皆様からのご支援に対しまして心より感謝申し上げますとともに、再ファンドによる中央再登録に踏みきりながらも、結果として勝ち星を挙げることなく引退の運びとなりましたこと、深くお詫び申し上げます。これまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

 

再転入二戦目となった月初のレースで11着に敗れ、その後同レースをもって現役を退く旨の発表がなされていたフッフールの競走馬登録が5月10日付けで抹消され、その詳細に関する書類も手元に届きました。

 

様々な不運が重なって満足のいく競走生活を送ることが出来なかったこと、それによって(中央では)実戦を3度しか使えず現役中の現地観戦も叶わなかったことが心残りにはなりますが、今はこれまでの頑張りに対する労いと感謝、只々この気持ちで一杯。

 

当歳時の早い段階から出資していて思い入れが強かった一頭という事もあり、これをもって手元を離れてしまうのは重ね重ね残念でなりませんが、今はただただフッフールのこれからの馬生が幸多いものであること、そして安住の地に恵まれることを祈りたいと思います。