Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(5/23)グランソヴァール、ここでも好走を

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

19.05.23

 

5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)に戸崎圭太騎手にて出走予定。


「馬は元気一杯で引き続き状態は良さそうですし、昨日の追い切りでも格上馬を相手に先行して、終いまで余裕がありましたからね。この馬らしい豪快な動きができていたと思います。放牧明けを一度使っている分の上積みも見込めそうですし、芝も2戦目。そのあたりもプラスに働いてくれるのではないでしょうか」(尾関調教師)

 

 

今週末の東京戦・5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)に向けて美浦で調整が続けられているグランソヴァールですが、水曜日にはウッドでの最終追い切りも消化して態勢を整え、同レースへの出走も確定させてきました。

 

その最終追い切りでは長欠明けながら休養前はOP入りにあと一歩まで迫っていた年長の4勝馬ステイパーシストを手応えで上回るような動きを見せるなど、相変わらず調教で見せる抜群の動き、尾関先生の言を引用すると「この馬らしい豪快な動き」は見事の一言。

 

これらのパフォーマンスや過去のレース内容からやはり1勝級では素質上位の存在で、あとはその素質を十全に発揮できるかどうかという所に掛かっているのだと思いますから、今週末のレースではダービーデーの熱気の中にあって前回の経験と教訓を生かした競馬、そして4着だった前走以上の結果にも期待したいと思います。