Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(5/16)エレナレジーナ、1週前も順調に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

19.05.16

 

美浦トレセン在厩。昨日は坂路1本の後、ウッドにて単走で追い切られました。


「帰厩直後に比べて毛づやが良くなってきていますし、稽古でもそこまで力む感じではなかったですからね。変わりなく順調にきていますよ。レースは5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)、鞍上は福永祐一騎手の予定です」(加藤征調教師)


「昨日は折り合いをつけて終い1Fを伸ばす感じ。乗っている側としては決して楽ではありませんが、馬がムキになるほどでもありませんでした。馬場が悪い時間帯でしたし、私のウエイトの重さだと、中には止まってしまう馬もいるのですが、本馬は最後までスーッと余裕がありましたからね。引き続き状態は良さそうですので、自己条件のこの距離であれば面白いのではないでしょうか」(菅原助手)

 

 

来週末の東京戦・5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)に向けて美浦で調整が続けられているエレナレジーですが、水曜日にはウッドで1週前追いとなる時計も出し、レースに向けての態勢を整えてきています。

 

元より調教は動くタイプの一頭ですが、終い重点となった今週の追い切りでも相変わらず小気味よい動きを見せてくれており、今回もコンディションは良好なようですね。

 

 

また、レースでの鞍上は「福永祐一騎手の予定」になっているという事で、同日のダービーでランフォザローゼスに騎乗するべく東京競馬に参戦する福永祐一Jとのタッグで挑むことになりそうですね。

 

この福永Jに限らず、ダービーに騎乗するジョッキーにとって同日の芝のレースは後のレースに向けての事前調査を兼ねている部分も少なからずあるとは思いますが、この日の本命(?)ランフォザローゼスも前で受けつつ最後に良い脚を使えるタイプ、そして何よりエレナレジーと同じダイナカール牝系の出身とあってイメージが被る部分もありますし、ここは練習ついでに結果も出してもらいたいところ。

 

もちろん先週に続けて菅原助手が触れてくださっているように馬自身も世代戦の500万条件なら力は上位、また200mの距離短縮も歓迎できるタイプだと思いますから、来週末のレースでは好勝負以上の競馬、そして初顔合わせとなりそうなもう一頭の出資馬との熱戦にも期待したいと思います。