Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(5/16)グランソヴァール、予定通り東京へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

19.05.16

 

美浦トレセン在厩。昨日は南馬場から坂路にて普通キャンターを1本、明日速めを乗る予定となっています。


「前走後も大きなダメージはありませんので、中2週で続戦へ。これくらいのレース間隔がちょうど態勢を整えやすいですし、今のこのクラスはダートよりもむしろ芝のほうが、頭数が少ない傾向にあり、使いたいところに使えそうな状況でもありますからね。前回は初芝でしたので、距離はもう一度1400mで。5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)に向かいたいと思います。鞍上は戸崎圭太騎手の予定です」(尾関調教師)

 

 

次走に向けて動向が注目されているグランソヴァールですが、その次走予定は「5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)」で変わらず、来週末の東京戦・5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)で同期のエレナレジーとの直接対決が実現する(してしまう)可能性が更に高まってきました。

 

今週の談話では(先週の記事で書いたような)同条件のレースを続けて使うことへの疑問に対しての回答がなされており、またレースに向けては既に主戦の戸崎Jも確保しているということで、この辺りの抜かりの無さは尾関先生らしい感じがしますね。

 

中2週の臨戦過程についても「これくらいのレース間隔がちょうど態勢を整えやすい」という事ですし、もちろん次回は久々を叩いての上積みや芝コースへの慣れも見込めるはずで、あとは今週来週と速めを乗って態勢を整えれば、次走に向けての準備は万端といったところ。

 

レースに行って力さえ出すことが出来れば前回同様大崩れはないと思いますから、あとは祭典当日の異質な雰囲気に飲み込まれることの無いように、心身を更に充実させておいてもらえればと思います。