Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(5/9)エレナレジーナ、ダービーデーの東京へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

19.05.06


3日(金)に美浦トレセンへ帰厩。翌日より坂路入りしており、昨日は2本目に15-15程度を消化しています。

 

19.05.09

 

美浦トレセン在厩。昨日、坂路の2本目に時計をマークしています。


「昨日は前を行く2頭を追走して、折り合い重点の内容。ひとまず坂路であれば問題なく折り合いますね。今回戻ってきた後も変わりなく順調ですし、この調子で5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)にむけて調整を進めていきましょう」(加藤征調教師)


「昨日は前回よりも行きっぷりが良く、何とか我慢させる感じ。前走はポケットに入ってうまく折り合いましたけど、本質的には短距離タイプかと。オープンでも頑張って走ってくれていましたので、昨日の稽古の感じであれば、自己条件の1400mは面白そうですよね。元々体調にあまり波がなく、いつも通りの変わらぬ様子です」(菅原助手)

 

 

前走後は美浦近郊のリバティHNで調整されていたエレナレジーが、美浦トレセンに戻ってきました。

 

その復帰目標は当初からの予定通り再来週末の東京戦、5月26日(日)東京6R 3歳500万下(芝1400m)

 

2週前の現段階では(意外な所から名乗りを上げてきた一頭を除き)相手関係は未知数ですが、ここまで重賞戦やリステッド競走を使い続けて強敵相手に揉まれてきたことですし、1勝級のメンバー構成なら臆することは無いでしょう。

 

また、レースで見せる前進姿勢の強さや調教で見せる俊敏な動き、そして「本質的には短距離タイプ」という陣営の談話から1Fの距離短縮も歓迎できると思いますから、好条件を揃えて臨む再来週末のレースでは久々の快走、そして祭典の熱気に包まれながらの白星奪取に期待したいと思います。