Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(5/5)フッフール、厳しい大敗

 

先週末の京都競馬7レース・5月5日(日・祝)京都7R 4歳以上500万下(ダート1200m、牝馬限定戦)に出走したフッフールは11着でした。

 

 

フッフール

 

19.05.05


スタートを決めて、無理なく2番手につけて行きましたが、4角より徐々に苦しくなり、直線に向いて後退。結果11着での入線となっています。


「スタートをスムーズに出て、2番手をすごくいい感じで走れていたのですが、勝負所から手応えがあやしくなってしまい、直線ではもうバッタリ。ペースが速かったのであれば仕方ありませんが、そこまで厳しい流れでもなかったですから…。それにしてはちょっと止まりすぎですよね」(松田騎手)


◆前走から距離を短縮し、今回は少頭数の牝馬限定戦。それなりに条件は整っていましたが、またしても踏ん張りきれず、大敗を喫する形となってしまいました。なお、誠に残念ではありますが、この2戦の内容を受けまして、本レースを最後に現役続行を断念する方向で調教師と協議を進めていくことになりました。(HTC)

 

 

…ということで、フッフールの中央3走目にして500万条件での2戦目は、またしても最下位となる11着(9番人気)に終わってしまいました。

 

今回は前走時比較で舞台設定が大きく好転し、前走からの変わり身が期待されていた一戦だったわけですが、結果的には松田Jの「勝負所から手応えがあやしくなってしまい、直線ではもうバッタリ」というコメントそのままのレース内容で、前走に続いての最下位という事に…

 

ここは距離短縮、直線平坦、相手弱化と(TO開けながら一時は単勝オッズ10倍代の人気に支持されていたように)贔屓目を抜きにしても買い材料が揃っていたはずで、「ここでダメなら」というくらいの気持ちで臨んでいたレースだっただけに、このような結果に終わってしまったのは残念の一言。

 

そして、この内容と結果を受けて「現役続行を断念する方向で調教師と協議を進めていく」ことになったという事で、先週末のレースをもってラストランとし、中央登録を抹消する方向になっているようですね。

 

戦前にも書いたように今回は帰厩してからの日も浅く、レースに向けての態勢を整えるという部分ではもう少しやりようがあったのではないかと思う一方、再転入後の着差や内容から直近での変わり身を望み辛そうなのもまた事実で、苦渋の選択とはいえ仕方のない決断なのかな、という思いもあり。。。

 

何とも残念な気持ちで一杯ですが、今は過去の思い出を振り返りつつ気持ちの整理も付けながら、出資会員向けの書面の到着を待ちたいと思います。