Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況&出走情報(5/5)フッフール、変わり身なるか?

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

フッフール

 

19.05.02


5月5日(祝・日)京都7R 500万下・牝(ダ1200m)に松田大作騎手にて出走予定。馬体重438kg(5/1測定)


「今回は帰厩後まもなくの競馬になりますので、先週末そして今朝としっかりやっておきました。もう少し馬に成長や変化が欲しいところではありますが、馬場が重たかったことですし、時計はこれくらいのものでしょう。前走は飛ばし過ぎたにしても、あの止まり方ですからね。距離は短い方が良さそうですし、牝馬限定戦でどこまで踏ん張れるかだと思います」(小崎調教師)

 

 

という事で、明日の京都競馬7レース・5月5日(日・祝)京都7R 4歳以上500万下(ダート1200m、牝馬限定戦)に我らがフッフールが出走します。

 

レースでの枠順は6枠6番。

 

内すぎず外すぎない偶数枠で良い所を引いて来てくれたと思いますから、しっかりゲートを決めて自分の競馬に持ち込みたいところです。

 

 

さて、我らがフッフールが、中央再転入後の現級2戦目に挑みます。

 

中央場所に戻った前走時の苦い思い出は色濃く残っていますが、ここは限定戦で相手が一気に軽くなっていることですし、また阪神の7F戦からから京都の6F戦に変わるのは間違い無くプラス、更に言えば同型不在のメンバー構成で注文通りの競馬に持ち込める可能性が高いようにも思えますから、舞台設定については(明らかに厳しい条件だった前走時よりは)大幅に良化しているはず。

 

あとは今回のレースが外厩先からの帰厩直後、(馬体維持への不安があるとはいえ)所謂10日競馬での参戦で急仕上げ感が否めないのがどうか、といったところでしょうか。

 

まあ、この辺りは陣営の判断という事になりますので、ここも見切り発車での参戦ではなく、しっかりと力を出せる態勢になっているのだと信じたいところ。

 

大敗後でも条件好転の今回は面白い所があって良いと思いますから、ここは今後に向けて収穫のある走り、通用のメドが立つ競馬をしてもらいたいと思います。