Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況&出走情報(5/5) グランソヴァール、芝をこなせれば

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

グランソヴァール

 

19.05.02


5月5日(祝・日)東京5R 3歳500万下(芝1400m)に戸崎圭太騎手にて出走予定。


「傷腫れはもう大丈夫ですので、その後も問題なく調整を進めていますよ。相変わらず飼葉喰いが良いですし、稽古の感じからデキも良さそうですからね。初めての芝のレースが未勝利戦ではなく、1勝馬同士の戦いとなる点がどうかですが、ある程度は芝でもやれるでしょうし、楽しみはあると思っています」(尾関調教師)

 

 

という事で、我らがグランソヴァールが明日の東京5レース・5月5日(日・祝)東京5R 3歳500万下(芝1400m)に出走します。

 

レースでの枠番は8枠8番、外から2頭目の偶数番となりました。

 

今回は初めての芝のレースで追走のリズムや戦法については未知数ですが、鞍上の戸崎Jから前走後に「1400mぐらいで中団から脚を溜める競馬のほうが合っている」という談話が出ていたことを考えると、スタートから出していくような競馬にはならないかと思いますから、道中は外目をスムーズに追走しつつ、他馬の出方を見ながら追い出しのタイミングを窺っていくことになるでしょうか。

 

 

さて、いよいよ期待の3歳馬グランソヴァールが待望の復帰戦、そして元号が変わって初めての出走を迎えます。

 

今回は2月の東京以来3か月ぶりの実戦という事になりますが、デビュー3戦で見せたパフォーマンスや当時の相手関係から500万条件なら力は上と思っていますし、また先週の天皇賞(春)で僅差の2着に入ったグローリーヴェイズを相手に食い下がって見せた追い内容から調子も良さそうで、後はただただ芝に変わってどうかというのが全て。

 

芝変わりで定期的に穴を空けてくる父産駒とはいえ、グランソヴァール自身は相変わらず芝での勝ち鞍が無い「母系にサンデー/Haloを持たない内国産ダンカーク産駒」ですし、実際に過去に使ってきたダート戦で見せていたパフォーマンスからも、個人的にはダートの方が良さそうなイメージが拭えないのは事実。

 

ただ、今回は重賞級の馬が混ざっていた近2走よりは全体的に与し易そうなメンバー構成となっており、また過去には新馬戦の3着で「内国産ダンカーク産駒として、新馬戦で初めて馬券になった馬」となってマイナスデータを覆した実績もありますからね。

 

それだけに、ここでも良い意味で予想を裏切るような走りを見せてくれる可能性はあると思っていますから、明日のレースは無事の完走を第一に、今後の視野が広がるような結果が出てくれるよう祈りたいと思います。