Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(4/18)グランソヴァール、今週も順調に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

19.04.18

 

美浦トレセン在厩。昨日ウッドにて格上馬を相手に併入しています。馬体重503kg(4/11測定)


「1本やった後もこの馬なりに落ち着いており、昨日も折り合いのついた好内容。少し時計が速くなったとは言え、あれだけ動けること自体、コンディションが良くなっている証拠ですよね。今はトモも大丈夫ですし、この調子でテンションを維持してくれればと思います。レースは5月5日(祝・日)東京5R 3歳500万下(芝1400m)、鞍上は戸崎圭太騎手に依頼中です」(尾関調教師)

 

 

再来週末の東京戦・5月5日(日・祝)東京5R 3歳500万下(芝1400m)に向けて美浦で調整中のグランソヴァールですが、水曜日にはウッドで2週前追いとなる時計も出し、レースに向けての態勢を着々と整えてきています。

 

そのウッドでの調教内容は「格上馬を相手に併入」というものでしたが、併走相手は格上どころか来週末の天皇賞に出走する厩舎の看板馬グローリーヴェイズでしたから、こちらが先行する形だったとはいえ、これを相手に食らい付いて見せたのは大したもの。

 

この内容だけでもやはり世代戦の500万条件では上位の能力を持った馬だと思いますし、また「コンディションが良くなっている」ことが感じられる追い内容でもあり、ここまでの調整も至極順調のよう。

 

加えて「鞍上は戸崎圭太騎手に依頼中」と鞍上起用にも勝負気配が感じられて次走への期待は高まるばかりですから、後はただただ芝コースへの適性がどうかという所で、再来週末のレースでは初体験となる馬場の克服、そして一息の結果が続く近走からの巻き返しに期待したいと思います。