Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(4/17)クレッシェンドラヴ、レース後は放牧へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

19.04.17


本日、テンコートレーニングセンターへリフレッシュ放牧に出ています。


オープンクラスを速い時計で走ってきましたからね。脚元に問題はないものの、レース後は右半身と左トモ臀部に筋肉疲労が見られるなど、さすがに今回はバテ気味の様子。トレセンで手を加えてから牧場へ送り出すよりも、向こうで最初からケアしてもらった方がその後の経過が分かりやすいぶん、かえってスムーズに行くかと思いますので、このあとは牧場のほうで様子を見つつ、必要であれば治療に当たってもらう予定です。一度楽をさせてから、回復状況に応じて次を考えていきましょう」(林調教師)

 

 

先週末の福島民報杯では接戦の2着と力を見せてくれたクレッシェンドラヴですが、時計的にも展開的にも厳しいレースをした事によるダメージは相応にあったようで、今日付けで福島県のテンコーTCへ放牧に出されたとのこと。

 

陣営の談話からは普段よりも少し長いお休みになりそうな感じも受けますが、ひとまず「脚元に問題はない」とのことで、この辺りでは父の血の頼もしさが感じられますね。

 

ここからの回復と立ち上げが順調に行けば復帰目標は夏頃の10F路線、特に今回と同条件のGⅢ七夕賞あたりは有力候補になってくるかと思いますが、今後については「適度にレース間隔をあけて、引き続き大事に使っていく」という方針に則り、あくまでも馬の回復状況を見ながら決めていくとのこと。

 

これまでも時間を掛けながら着実に地力を付け、前走ではクレッシェンドラヴが3歳の春に未勝利戦で暗中模索を繰り返していたのと同じ時期にクラシックロードの中心近くにいたレッドローゼスカデナアウトライアーズといった面々とも互角かそれ以上の勝負が出来るようにまでなっているという所も見せてくれましたから、今後も目先に惑わされず、大事に大事に使っていってあげたいところ。

 

そしれ、いずれは上記の馬たちとの比較でも一頭地を抜けるよう、今後も怪我なく順調に、幸多い競走生活を送っていってもらいたいと思います。