Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(4/11)ストームハート、いよいよ実戦へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ストームハート

 

19.04.11

 

4月13日(土)阪神2R 3歳未勝利(ダ1400m)に福永祐一騎手にて出走予定。馬体重483kg(4/9測定)


「先週やっていますので、今週は坂路でサーッと。格上馬を相手に余裕がありました。まだ緩さを残している段階ですし、今回は既走馬が相手となるだけに初戦からどうこうは言えないものの、走ってきそうな雰囲気はありそうですよ。追い切る毎に動きは良くなっていますので、とりあえずここを使って、その先につなげていければと思います。兄はダートで走らなかったですし、本馬自身、薄くて浅い芝馬のような爪をしていますが、血統的にはやれてもおかしくないですし、若干ソエ気味のようなところもありましたからね。まずはダートから始動しましょう」(野中調教師)


エイシンブルズアイとはまたタイプが異なりますが、決して悪くない馬だと思いますよ。ただ、追い出してからのトモの入り、前後駆の連動性などは、まだまだこれからといった感じでしょうか」(福永騎手)

 

 

今週末の阪神戦・4月13日(土)阪神2R 3歳未勝利(D1400m)でのデビューに向けて栗東で調整が続けられているストームハートですが、水曜日には最終追い切りとなる併せ馬も消化して態勢を整え、レースへの出走も確定させてきました。

 

その最終追い切りでは、坂路で4F=53.9-39.4-25.2-12.6を計時。

 

今週の栗東坂路のコンディションを加味すれば全体・終いともに上々の数字だと思いますし、また先週に引き続きパートナーを務めてくれた古馬3勝のデロングスターを相手に野中先生が「余裕がありました」と語る手応えで併入するなど、相変わらず良い動きをしてくれていますね。

 

その野中先生、本馬に関しては「今回は既走馬が相手となるだけに初戦からどうこうは言えない」と前置きしつつも「走ってきそうな雰囲気はありそう」と、ひとまず今後に向けての期待はしてくれているよう。

 

実際、ここまでの動きを見せられると初戦からの期待を持ちたくなりますが、一方で今回は(出自から混合戦にしか使えないという問題はあるにしても)この時期の未勝利戦としてはかなり相手が揃った印象もあり、懐かしい表現で「これが新馬同士なら期待を持って臨めるが、既走馬相手の初物尽くしでどうか」といったところ。

 

また、調教動画を見ると相変わらず追われてからもフラフラしているような印象も受けますので、今週末に控えるデビュー戦でも先ずは「まっすぐ走って無事にゴールする」ことを目標にしつつ、出来ることならレースに行って何か良いところ、今後に向けて期待が膨らむような走りを見せてくれれば…と思います。