Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(3/14)フッフール、再びのゲート合格

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

 

フッフール

 

19.03.07


本日、栗東トレセンに帰厩。月末あたりの出走を目指して、調整を進めていく予定となっています。

 

19.03.14

 

栗東トレセン在厩。昨日、ゲート試験に合格しています。馬体重444kg(3/12測定)


「再登録前と比較して、正直大きく変わった印象まではありませんが、帰厩直後よりも飼葉喰いは良くなりつつありますし、良化の兆しは見て取れる感じでしょうか。ボルトを入れたところを特に気にする様子はなく、今のところ脚元に問題はありませんので、3月30日(土)阪神7R 500万下(ダ1400m)あたりを目標に乗り進めていければと思います」(畑助手)

 


今年の1月に栗東に入って中央競馬への再登録を済ませたフッフールがそれ以来2か月ぶり、レースを使う前提での帰厩としては半年ぶりに、栗東トレセンに戻ってきました。

 

帰厩以降は坂路での乗り込みを順調に消化し、また13日付けでゲート試験にも合格するなど、中央での再デビューの準備を着々と進めているようですね。

 

そして、その復帰戦は「3月30日(土)阪神7R 500万下(ダ1400m)あたり」が目標になっているという事で、早ければ今月中にも再び中央の舞台でその雄姿を見ることが出来そう。

 

個人的には混合戦となる上記のレースではなく、その前週に組まれている同条件の限定戦の方が本線になるかと思っていたのですが、この辺りは帰厩時期や今後の調整スケジュールとの兼ね合いもあるかと思いますし、まだ万全の条件を整えて勝ち上りに期待で、とまではいかない状況ですからね。

 

いずれにしても、復帰初戦となる次走では即通用とまでは言わないまでも通用の兆しくらいは見せてもらいたいと思いますから、今後もトレセンレベルでの乗り込みを着実に消化し、しっかりと態勢を整えたうえで中央復帰戦に臨んでもらいたいと思います。