Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(2/14)エレナレジーナ、TRを目標に美浦帰厩

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

19.02.11


9日(土)に美浦トレセンへ帰厩。昨日は坂路にて普通キャンター1本を消化しています。


「中旬頃の帰厩を考えていましたが、検疫枠がうまく取れましたので、こちらに戻しました。来月の出走に向けて徐々に進めていきましょう」(加藤征調教師)

 

19.02.14


美浦トレセン在厩。昨日、坂路の2本目に速めを計時しています。


「帰厩後1本目の追い切りは、前を行く2頭の真後ろで折り合いに専念。ムキになることなく終始折り合いがついていましたし、良い走りを見せていたと思います。特に気になるような点もなく、馬は元気いっぱい。変わりなくいい感じできていますよ。3月10日(日)中山11R アネモネS・牝(3歳L・芝1600m)にむけて、来週から本格的に乗り進めていく予定です」(加藤征調教師)

 

 

前走後は美浦近郊のリバティHNで調整されていたエレナレジーが、美浦トレセンへと帰ってきました。

 

その復帰目標となるレースは3週後の中山戦、3月10日(日)中山11R アネモネステークス(芝1600m 3歳オープン・リステッド競走牝馬限定戦)

 

昨夏に新馬戦を勝って以降、1勝馬の身ながら一貫してOPクラスへの格上挑戦を続けていますが、出走が叶えば次回は三たびのオープン挑戦、それも桜花賞トライアルへの参戦という事になるようですね。

 

重賞・オープンと2度使って6着・7着ここまでの結果に臆せず、次走も格上挑戦を中心に据えていこうというスタンスには賛否があるとは思いますが、個人的には歓迎できる使い方でありローテーション。

 

次回も(例年と同じようなメンバー構成であれば)展開ひとつで上位進出のシーンがあって良いはずですし、スムーズな競馬さえ出来ればマイルも守備範囲だと思いますから、来月のレースでは7着に終わった前走からの着実な巻き返し、そして大舞台へと続く一発を期待したいと思います。