Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走結果(2/11)グランソヴァール、残念な連敗

 

先週の土曜東京4レース・2月9日(土)東京4R 3歳500万下(D1600m)に出走したグランソヴァールは7着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

グランソヴァール

 

19.02.11

 

ポンとスタートを切り、先行集団の5番手からレースを進めたものの、直線に向いて後続勢に交わされてしまい、結果7着での入線となっています。


「前回乗った時の感じも含めて、1600mはちょっと長いような気がしますね。よって今日は大事に乗ったわけですが、やはりダラダラと脚を使ってしまうような格好に。個人的には1400mぐらいで中団から脚を溜める競馬のほうが合っているように思います。決して悪い馬ではないですから、距離短縮でどうかでしょう」(戸崎騎手)


「ジョッキーによって様々な見解がありますが、今日のレースだけ見ますと、距離が長いような止まり方でした。確かに先行勢の中で早めにワーッとこられて一番苦しい展開ではありましたけど、外から来られて怯んだわけでもないですし…。やはり距離なのではないでしょうか。それに、もともと気で走るようなタイプの馬ですから、出走が月曜日に延びたことにより、気が抜けたようなところもあったのかもしれません」(尾関調教師)


◆「中1週自体が問題ではなかった」(師)ものの、日程の延期は多かれ少なかれマイナス材料に。加えて今日のレースぶりを見る限りでは、戸崎騎手が言うように「この距離は少し長い」のかもしれません。なお、このあとは、「すぐに放牧に出すのではなく、まずは厩舎で馬の様子を窺いながら」と調教師。いったんリフレッシュを挟むべきかどうかなど、慎重に検討していく予定となっています。(HTC)

 

 

外目の枠から好スタートを切るも、出しては行かずに内の各馬の出方を窺い、行く馬を行かせてまずは先団の外目から。

 

そのまま先団後方に位置を取ると3コーナー辺りからじわじわと前との差を詰めていき、直線入り口で早くも前を射程圏に入れる格好に。

 

後は外から伸びるだけという競馬になったものの、追い出されての反応は一息で差しに回った各馬に早々と交わされ、先行集団が軒並み崩れる流れに飲まれて直線半ばで失速。

 

結果、勝ち馬から1秒2差の7着でレースを終えています。

 

 

・・・ということで、勝ち負けを期待して送り出したグランソヴァールの4戦目は、まさかの7着(3番人気)という結果に終わってしまいました。

 

今回はクラス2戦目にして久々だった前回を使っての叩き2戦目、更には外枠も引けて巻き返し必死の鞍だと思っていただけに、前走(5着)よりも着順を落とすことになってしまうとは思いもよらず、結果に関しては残念の一言。

 

当然、レース後の談話はこのような結果になった原因を探るような内容になるわけですが、まずは距離が1F長かったというのが鞍上と陣営サイドの見方で、デビュー2戦の内容から「悪い馬ではない」ので距離短縮で改めて期待したい、という旨のもの。

 

また、相変わらず東京のダートが外差しに向いていたこと、そして前回に続いて「早めにワーッとこられて」前が忙しくなり、正攻法で競馬を進めた馬が苦しくなる流れになったこともあるかなと。

 

何しろハナを切った馬が大差の最下位で2番手の馬がブービー、そして4コーナーで後方2番手と最後方に位置していた馬がそれぞれ1着と3着に来るような流れになっていましたから、個人的には今回のレースの敗因としてはこの辺りのことが一番大きかったのでは、と思います。

 

ただ、個人的な感想としてはそれらの要因以上に馬の走りが本物ではなかったというか、外的なものと同時に内的にも十分ではなかったというか、一昨日のグランソヴァールは良い時に比べると一段階落ちているように見えたかなあと。

 

何が原因でそう見えたのかは分かりませんが、開催日時のスライドによってリズムがズレてしまったのか、半姉と同じように暑い時期の方が具合が良くなるタイプなのか、あるいは何か別の要因があるのか…この辺りのことも含め、次回のレースでは前後の様子にも気を配りながら、しっかりと具合を見極めていきたいところ。

 

また、レース後に戸崎Jが「外枠がアダになった」という旨のコメントを出している事など、他にも気になる部分は多々ありますが、少なくともこの2戦の競馬がこの馬の限界では絶対にないと思いますから、まずは連敗の原因をしっかりと追求したうえで確実に立て直し、次回こそは本来の走りを見せてもらいたいと思います。