Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(2/9)グランソヴァール、ここでも好戦を

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の東京競馬4レース・2月9日(土)東京4R 3歳500万下(D1600m)に我らがグランソヴァールが出走を予定しています。

 

前日夜22時現在の前売りオッズ…は、金曜売り中止の影響で出ていませんが、新聞の印やメンバー構成を見るに今回も上位人気の一角、恐らくは1~3番人気での出走になるのかなと。

 

また、枠順は8枠13番となりました。

 

跳びが大きく揉まれたくないタイプで外目の枠が希望だっただけに、ここでの紫帽は大歓迎。

 

これならばゴチャつきを避けるために仕方なく行かされるような形にはならないと思いますし、他馬の動きを見ながら徐々にエンジンを温めていくような競馬、強い勝ち方を見せてくれた2走前のようなレース運びが出来るのではないでしょうか。

 

そして相手関係に目を移すと、前走で黒竹賞の2着馬ロダルキラーを相手に楽勝しているラティーンセイルがまずは強敵で、メンバーが揃った一戦を勝ち上がってきたキングテセウスも昇級戦から即通用してきそう。

 

基本的に勝ち負けを争う相手はこの2頭になるかと思いますが、前走で先着を許したペイシャリルキスや末が切れるニューモニュメントあたりも流れひとつで上位に顔を出してきそうで、なかなか油断できないメンバー構成になっているようにも思います。

 

とはいえ、今回の顔触れの中には前回のリープリングスターのような現級上位の実績馬は不在ですし、ここに入れば我らがグランソヴァールも実績・実力ともに上位の存在だと思いますから、ここでも持っている力を出し切ることさえ出来れば、再度好勝負に持ち込んでくれるはず。

 

昇級初戦となった前走は(勝ち馬から僅差の5着とはいえ)期待値の高さからすると少し不満が残る内容だったものの、今回は久々を使われての叩き2戦目で手綱も主戦の戸崎Jに戻り、また時計があって(程度にもよるでしょうが)馬場が渋るのも歓迎、更には前述のように外目の枠順を確保できたのも好材料になりますからね。

 

条件が大きく好転するここは勝ち負け以上の競馬、そして出資馬陣営の今年初勝利が意識できる一鞍だと思いますから、あとは実際のレースでも事が上手く運んでくれること、そして何より土曜日の東京競馬が無事に開催されることを祈りつつ、明日(だと良いなあ…)のレースを楽しみに待ちたいと思います。