Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(1/23)ディメンシオン、栗東に帰厩

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

19.01.24


栗東トレセン在厩。今朝は坂路にて普通キャンター1本を消化しています。


19.01.23


昨日、栗東トレセンに帰厩しています。


「今朝は角馬場で軽く感触を窺う程度。さすがにまだ休み明けのそれですが、前回の帰厩時よりも体が増えていますので、その辺はイイですよね。2月16日(土)京都11R 京都牝馬S(G3・芝1400m)にむけて、徐々に進めていきたいと思います」(田代助手)

 

 

前走後は栗東近郊の吉澤ステーブルWESTで調整されていたディメンシオンが、栗東トレセンに戻ってきました。

 

その目標は以前からの予定通り3週後の京都戦、2月16日(土)京都11R GⅢ京都牝馬ステークス(3歳以上オープン・芝1400m、牝馬限定戦)

 

ここは重賞を除けば3戦負けなしとなる1600m戦から過去に2度使って(0-1-0-1)の1400m戦へと変わるのがどうかといった感じですが、前走の中山戦・ターコイズSでは最後の坂で伸びが鈍ったような印象を受けただけに、勝ち鞍のある京都外回りへの舞台変わりは歓迎のはず。

 

リズム良く運ぶことができれば前回以上の競馬や賞金加算以上の結果も十分に期待できる一戦になると思っていますから、ここからの3週間でしっかりと身体を作り、次回も万全の状態を整えてレースに臨んでもらいたいと思います。