Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(1/10)エレナレジーナ、レース後は放牧へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

19.01.10


本日、リバティホースナヴィゲイトへリフレッシュ放牧に出ています。


「レース後も特に馬体に問題はないものの、本馬の心身を考えれば、いったん放牧を挟んであげた方が良さそうですからね。牧場のほうでもう少し様子を見ながら、次走を検討していきたいと思います。あくまでも馬次第にはなりますが、比較的短期、現時点であまり長く休ませることは考えていません」(加藤征調教師)

 

 

先週末のジュニアカップでは少しスムーズさを欠く競馬で7着に終わったエレナレジーですが、レース後も「特に馬体に問題はない」ということで、2か月ぶりの実戦を使っての大きな反動まではなかった様子。

 

ただ、まだ成長途上な心身への負担も考慮して、レース後は美浦近郊のリバティHNへと放牧に出されたようですね。

 

(放牧直後の)現時点では「あまり長く休ませることは考えていない」ということで、回復状況を見て適宜トレセンに戻す短期放牧の予定ではあるようですが、先に次走をここと決めて動かしていくのではなく回復の進度に合わせて次走目標を設定し、それに合わせて帰厩のタイミングを窺っていこうという感じでしょうか。

 

順調に回復が進めば暖かさが出てくる頃には再び競馬場に姿を見せてくれそうな感じもありますから、まずは心身の疲れをしっかりと癒し、身体のボリュームも大きく作って再びターフへと戻ってきてくれれば、と思います。