Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走結果(1/6)エレナレジーナ、上手く噛み合わず…

 

先週の日曜中山10レース、1月6日(日)中山10R ジュニアカップ(3歳オープン・芝1600m、リステッド競走)に出走したエレナレジーは7着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

19.01.06


スタート五分も先手を主張され、前半は中団の後方に位置。直線を迎えて最内からジワッと脚を伸ばしましたが、前には及ばず、結果7着での入線となっています。


「『前々で競馬をして欲しい』との指示でしたが、スタート後に内外から少し挟まれるような感じになった分、逃げ馬の直後につけて行くことができず、いったん下げる格好になり、最後追い出してからはジリジリとしか伸びることができませんでした。結果論ですが、スタートして下げた分の差がそのまま勝ち馬からの着差に出た形。それだけにスタートがもっとスムーズであれば、際どい競馬になったのではないでしょうか。スピードはある馬ですが、今日はそれをうまく活かしきれませんでした」(ミナリク騎手)


「スタート後に逃げ馬に進路を譲るのが早く、さらに控えるような形になりましたからね。ゲートを出たまま番手で競馬ができていれば、結果もまた違ったのではないでしょうか。仮にマイルが長かったとしても、中山の1600mであれば十分に補えますし、瞬時に動けないのはノヴェリスト産駒の特徴のひとつ。今日の敗戦は位置取りの差と見ていますので、この一戦だけで距離を語ることはできません」(加藤征調教師)


◆前走から+6kgでの出走。ここはマイル路線にむけての試金石としたい一戦でしたが、テンの争いでやや消極的な競馬になってしまい、残念ながらイメージするようなレース運びとはなりませんでした。「今回のレースだけで敗因を距離に求めることはできない」と調教師。現時点で次走は未定も、あらためて先行策によりレースぶりを確認していくことで適性を見いだし、結果につなげていきたいところです。(HTC)

 

 

まずまずのスタートを切ると押して出していき、前目前目のポジションへ。

 

まずは先団のインに位置を取ろうとしたものの、2コーナーを前に外枠の各馬が内に殺到してきたことによって前をカットされるような格好となり、ポジションを大きく下げてしまいます。

 

そのまま馬群の内に閉じ込められて動けないままレースは流れ、勝負どころでは後方インの苦しいポジションとなり、他馬が徐々に進出していく中で位置を最後方まで下げて直線へ。

 

直線に向いてからは内を縫うようにして脚を伸ばし、先行して下がってきた馬を何頭かは交わしたものの、上位陣との差は詰め切れないままでゴールイン。

 

結果、勝ち馬から0秒8差の7着でレースを終えています。

 

 

…ということで、エレナレジーのオープン2戦目は、やや消化不良な内容での7着(8番人気)という事になりました。

 

いやいや、同日同場(どころか1レース前)のクレッシェンドラヴもそうでしたが、人気以上の着には来てくれた中でも悔いの残るレースというか、もう少し何とかならなかったのかな、という感じの競馬内容になってしまいました。

 

序盤の位置取り競争で後手を踏んだのもそうでしたが、後方からの競馬でも(最後方から追い込んできた2着馬のように)長く脚を使う形になっていればもう少し良い結果を出す事が出来ていたのでは、という思いもあり…

 

実際、この競馬内容には加藤先生も思うところがあるようで、「ゲートを出たまま番手で競馬ができていれば、結果もまた違ったのではないでしょうか」と敗因をポジショニングに求め、自分の形に持ち込む事が出来れば巻き返せる、と見込まれているようですね。

 

とはいえ、実際のところ新馬戦を勝って以降は2戦続けて差のある敗戦を喫しており、一線級が相手となるともう一歩二歩のパワーアップが必要なのは間違いないとは思いますが、血統背景からも単に早熟早枯れで終わる馬ではないと思いますし、ここからの更なる良化ともう一段の成長にも期待したいところ。

 

また、今回は課題の馬体重がデビュー時から8㎏増となる416㎏まで増えていたのも収穫だったと思いますから、今は徐々にでも力をつけながら経験を積んでいき、レースを使いながら競走馬としての土台を固めていってもらえればと思います。