Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(1/6)エレナレジーナ、中山10R・ジュニアカップに出走

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

19.01.03


1月6日(日)中山10R ジュニアカップ(3歳L・芝1600m)にフィリップ・ミナリク騎手にて出走予定。


「今朝は前方に馬を置かずに単走で70-40程度。馬の後ろであったり、抜かれたりすると折り合いを欠くようなところがありますが、一頭であれば、より大丈夫ですね。どうやら状態の変動が少ないタイプのようで、デキは引き続き良さそうですよ。ここはマイル戦におけるレースぶりを確認。距離短縮はそれからでもいいのではないでしょうか。今回は前に行く競馬になるかもしれませんからね。鞍上の手腕にも期待します」(菅原助手)

 

 

表題の通り、明日の中山競馬10レース・1月6日(日)中山10R ジュニアカップ(3歳オープン・芝1600m、リステッド競走)に我らがエレナレジーが出走します。

 

 

前日夜22時現在の前売りオッズは、単勝14.3倍の7番人気。

 

相手関係が緩和される今回は単勝万馬券での出走となっていた前走時よりは人気を集めそうですが、それでも伏兵陣の一角という程度の評価に落ち着いているようですね。

 

 

また、枠順は3枠3番となりました。

 

奇数番でゲートの出が少し心配になるものの、陣営の談話から今回はポジションを取っていく形でレースを進めていくことになりそうですので、スタートから出していきつつ状況次第で前に壁も作れそうな内目の枠は歓迎でしょう。

 

もちろん、スタート地点とコーナーとの距離が近い中山マイルはシンプルに内枠有利なコースでもありますから、ここは「折り合いに定評のある」ミナリクJの手腕にも期待しつつ、好枠を利して内目でスムーズにレースを運んでもらいたいと思います。

 

 

さて、昨夏にはクラブに7年ぶりの新馬勝ちをもたらしたエレナレジーが、デビュー3戦目にして「JRA初のリステッド競走」という、これまたメモリアルな一戦に挑むこととなりました。

 

JRAの説明によると、リステッド競走として指定を受けるのは「オープン競走の中で質の高い競走」になっているレースなのだそうですが、今年のジュニアカップは2勝馬や重賞連対馬の出走がなく、OP特別どころか500万条件に限りなく近いメンバー構成。

 

また、ここは確たる軸馬も戦法を決め込んでいる馬も不在という印象で、まさしく混戦模様の中で争われる一戦、実戦に行っての流れひとつ立ち回りひとつでどの馬にもチャンスがありそうな一戦という感じになっていますから、我らがエレナレジーも戦法や展開が上手く噛み合いさえすれば、上位進出の目は十分にあるはず。

 

そして、1着賞金が2000万円も出る今回のレースは勝利がそのまま桜花賞出走に直結する一戦にもなりますから、ここは前走6着からの更なる前進、そして今後に向けてメドの立てる以上の結果を期待したいと思います。