hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17/サクラバーベナ'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走情報(1/6)クレッシェンドラヴ、中山9R・迎春ステークスに出走

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

 19.01.03


1月6日(日)中山9R 迎春ステークス(1600万下・芝2200m)に内田博幸騎手にて出走予定。


「今朝ウッドで先週と同じくらいの内容を。レースを使ってきている馬ですので、そこまでやり込む必要はなく、調教量としてはもう十分だと思います。上積みこそないものの、この中間は坂路を使うなどして、状態は何とか平行線をキープ。ここまではややテンションが高い程度でおさまっていますので、あとはレース当日、競馬場に行ってどうかでしょう。ここは昇級初戦、それにもう少し京都(寿ステークス)とメンバーが割れるかと思っていましたが、中山のほうが濃くなってしまった感じです」(林調教師)

 

 

表題の通り、明日の中山競馬9レース・1月6日(日)中山9R 迎春ステークス(4歳以上1600万下、芝2200m)に我らがクレッシェンドラヴが出走します。

 

 前日夜23時現在の前売りオッズは、単勝4.2倍の3番人気。

 

 今回は1600万条件への昇級初戦かつ相手も揃った一戦となりましたが、そんな中でも上位争いに加わってきそうな一頭、という評価をいただけているようですね。

 

 

また、枠順は4枠4番となりました。 

 

これで9戦連続(!)となる偶数番は良いと思いますし、また人気を分け合う事になりそうな各馬が外に集められたこともあり、相対的にも良い所を引けたかな、という感じがありますね。

 

以前は道中から他馬を気にする所があったりもしましたが、最近は難しい面も影を潜めてきている事ですし、内枠スタートでもゲートを出てのレースの組み立て方は手の内に入れてくれている鞍上に丸ごとお任せ、という感じで大丈夫でしょう。

 

 

また、(クレッッシェンドラヴ自身も特別登録馬として名を連ねていた)今日の中山金杯は4頭出しとなったステイゴールド産駒が1・2・4着と上位に進出し、あらためて父の血の冬開催の中山芝への適性の高さをアピール。

 

そして、我らがクレッシェンドラヴはそれに加えてサドラーの血まで入った「冬の中山の鬼」のような配合で、実際に12月~3月の中山芝での通算成績は(3-1-0-0)と形通りの相性の良さを見せてくれていますから、ここは手の合う鞍上と父の血の後押しにも期待したいと思います。

 

 

さて、林先生の談話にもある通り、今回は昇級戦から「メンバーが濃い」一戦に入ることとなりましたが、その中でも気になる一頭が、明け4歳のウラヌスチャーム

 

前走の条件戦ではGⅡ戦で3着の実績があるスーパーフェザーを完封し、2走前のローズSでは大味な競馬をしながら上位と差のない5着にまで詰めてくるなど、その前後に重賞レースで実績を残した馬や世代上位の馬たちを相手に互角以上の戦いを繰り広げてきている一頭で、将来的に重賞戦線を盛り上げる存在になってきそうな馬。

 

そして何より、3走前の三面川特別で西の総代ディメンシオンとハナ差の激闘を演じた一頭ということでもあり、“ 重賞級”の存在を相手にクレッシェンドラヴがどう戦っていくのか、いろいろな意味で注目のカードとなりました。

 

また、この他にも現級戦で2戦続けて2着に来ているイオニアバイオ、出していく競馬で安定感を増したダノンキングダム、世代戦で前出のウラヌスチャームを下しているロサグラウカなど、ここは準OPクラスに相応しい顔ぶれが揃うレースになったかなと。

 

もちろん、このメンバーの中に入っても素質の高さと充実度で互角以上の戦いが出来ると思っていますし、過去の戦歴や馬場との相性の良さもあって大崩れの心配はしていませんが、そこから勝ち切るためにはもう一段のパフォーマンスアップ、過去のレースを更に上回るような走りが求められてきそうな一戦。

 

そう易々と勝たせてくれそうにはありませんが、強敵揃いのここでもしっかりと結果を出し、2019年の更なる飛躍の第一歩としてもらいたいと思います。