hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17/サクラバーベナ'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(12/20)クレッシェンドラヴ、コンディションを保ちつつ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

18.12.20

 

美浦トレセン在厩。昨日は南のダートで体をほぐし、坂路にて普通キャンター1本を消化しています。


「叩き良化型ではありませんので、そこまでの上積みこそ感じられませんが、状態は維持できているように思います。ウッドだと気持ちが入りすぎるものですから、追い日以外は坂路主体で。早ければ週末あたりに15-15程度をやるかもしれません。前回はフィジカル面重視の調整でしたが、今回のテーマは状態キープ。1月6日(日)中山9R 迎春ステークス(1600万下・芝2200m)にむけて、メンタル面を重視して進めていきたいですね。トレセンであれば他馬が少ない時間帯や遅い時間帯にやるなどの融通が利きますので、何とかうまく調整できるのではないでしょうか」(林調教師)

 

 

年明けの中山戦・1月6日(日)中山9R 迎春ステークス(4歳以上1600万下、芝2200m)に向けて在厩のまま調整が続けられているクレッシェンドラヴですが、先週末からは坂路でぽつぽつと軽めを乗るようになっており、次走に向けての立ち上げが徐々に始まってきている様子。

 

また、間隔を空けて使った前回とは違い、「今回のテーマは状態キープ」ということで、この中間は「メンタル面を重視して」進め、前走からのプラスアルファを求めるよりも今の状態を維持して次も前回と同じだけ走れれば、という感じの調整メニューを組んでいく予定になっているようですね。

 

とはいえ次走は初昇級となる準OPの相手関係に混ざってのレースで、前回と同じパフォーマンスで同じ結果が得られるかどうかは分かりませんが、やはり準OPで格負けする馬ではないとも思っていますし、初戦から好勝負に持ち込めて不思議はないはず。

 

もちろん、年を跨いでの連勝の期待も十分ですから、次回も持っている能力を発揮できるようにしっかりとコンディションを整えたうえでレースに臨み、来る新年は年明けの一発目から気持ちの良い競馬を見せてもらいたいと思います。