hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17/サクラバーベナ'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走情報(12/15)ディメンシオン、重賞でも好走を!

 

 

近況の方でもお伝えしている通り、明日の中山競馬11レース・12月15日(土)中山11R GⅢターコイズステークス(3歳以上OP・芝1600m、牝馬限定戦)に我らがディメンシオンが出走します。

 

前日夜22時現在の前売りオッズは、単勝9.6倍の3番人気。

 

馬柱にインパクトがありハンデも手頃、またスポーツ紙の競馬面で一面の大見出しを飾るなど周囲からの注目度も高く、ここから馬体重とパドックで人気を落とす(予定)としても、上位人気の一角としてレースに臨むことになるのは間違いないように思います。

 

 

また、気になる枠順は6枠11番となりました。

 

コース形状や折り合いの面からもう少し内目の枠が欲しかった気はしますが、極端な内枠を引いてスムーズさを欠く競馬になってしまうのもそれはそれで嫌でしたから、中央外寄りの奇数番となるここは可もなく不可も無く。

 

今回は久々のマイル戦ということになりますが、スタート直後からある程度自由が利きそうな枠を引いてきた事でもありますし、ここは少し先行勢が手薄なようにも映りますので、スタートと同時に外から飛び出してくるであろう逃げ馬を行かせ、ある程度の位置を取りつつ折り合いをつけながら運んでいくのが理想となるでしょうか。

 

 

 

さて、幼駒の頃から将来を嘱望されてきたディメンシオンが本格化の兆しを見せて一気の3連勝を果たし、いよいよ重賞の舞台へと駒を進めてきました。

 

この中間には陣営サイドから毛ヅヤやカイ食いの悪さが指摘されるなど、状態面は絶好調だったという前走時に比べると今一つの感があるようではありますが、そんな中でも調教の動きは絶好と言えるものだったと思いますし、悲願のリーディングに向かって邁進する厩舎の勢い、そして充実の一途を辿る馬自身の勢いで、ここも一気に突破となるでしょうか。

 

今回は昇級初戦で胸を借りる立場、強豪たちへの挑戦者としての参戦にはなりますが、持っている素質の高さは重賞のメンバーに混ざっても見劣らないだけのモノがあると思っていますし、平常心でレースに臨んで能力をしっかりと出し切ることができれば、ここでも通用以上の競馬が出来て良いはず。

 

ここは飛躍のシーズンとなった2018年の集大成として、そして来春に見据える大舞台に向けて、強敵相手の重賞戦でも良い競馬を見せてもらいたいと思います。