Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

週末の特別登録(12/15) ディメンシオン、ターコイズSに特別登録

 

 

JRAのホームページにて、ディメンシオンが出走を予定している今週末の土曜中山11レース・12月15日(土)中山11R GⅢターコイズステークス(3歳以上OP・芝1600m、牝馬限定戦)の特別登録馬が発表されています。

 

 

2018年12月15日(土)5回中山5日

 

第4回 ターコイズステークス(GIII)

 

第1回特別登録 20頭

 

サラ系3歳以上 (国際)牝(特指)オープン ハンデ

1600m 芝・右 外


アイライン
アンコールプリュ
カイザーバル
ワキタエンカ
キョウワゼノビア
クリノラホール
ディメンシオン
デンコウアンジュ
ハーレムライン
プリモシーン

フロンテアクイーン
フローレスマジック
ベルーガ
ミエノサクシード
ミスパンテール
メサルティム
リエノテソーロ
リナーテ
リバティハイツ
レッドオルガ

 

 

(ハンデ戦のため斤量未定)

 

…ということで、今週末の中山競馬場で我らがディメンシオンと一戦を交える可能性のあるメンバーが発表されました。

 

今年既に重賞を2勝しているプリモシーンミスパンテールワキタエンカデンコウアンジュリバティハイツベルーガといった重賞ウィナー、ミエノサクシードフロンテアクイーンなど古馬OPの安定株、更には舞台変わりがいかにも良さそうな3歳馬ハーレムラインなど、バリバリのオープン馬と言える強豪たちの名前がずらり。

 

一方、これが昇級初戦となる馬の顔ぶれを見ても、三面川Sの後に距離短縮と手戻りで復活したカイザーバル、軌道に乗ってきた超良血馬フローレスマジック、そして同厩の素質馬レッドオルガに3連勝中の我らがディメンシオンとそうそうたるメンバーで、上から下までタレント揃いの一戦になりそうですね。

 

いやいや、「ターコイズSを目標にしている馬の層がやたらと厚い」という話は以前から上がっていましたが、あらためて見ると牝馬限定のハンデGⅢ戦の登録馬とは思えない豪華メンバーで、下手な混合重賞よりも相手が揃った感じすらありますね。

 

 

ここはハンデ戦で斤量差があるものの、前走時にGⅠで人気に推されていた馬たちの名前もチラホラ見えていますし、我らがディメンシオンのネームバリューはこのメンバーの中に入るとまだ弱く、胸を借りる立場での挑戦となるでしょうか。

 

それでも、今のディメンシオンには流れひとつでここも一気に突破しうる勢いと能力の高さがあると思っていますし、昇級戦かつ重賞レース初挑戦となるここで良い競馬をすることが出来れば、この先の視界が一気に開けてくることでもありますからね。

 

もちろん、一筋縄にはいかない一戦になるのは承知の上ですが、強敵揃いの中でも来春の大舞台に向けて賞金を加算できるよう、そして厩舎のリーディング争いにまた1つ貢献できるように、来週のレースでもディメンシオンらしい競馬、そして4連勝での重賞制覇を期待したいと思います。