hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(11/8)グランソヴァール、まずは放牧へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

18.11.08

 

美浦トレセン在厩。レース後は運動のみ。明日、スピリットファームへリフレッシュ放牧に出る予定となっています。


「レース翌日に獣医師に診てもらった感じでは、左トモに筋肉疲労があるとのこと。頑張って走ってきてくれましたからね。年内もう1戦するにしても、年明けまで待つにしても、とりあえずは一旦リフレッシュ放牧を挟んでから。1つ勝ってくれたことですし、まだ弱い面を残している段階ですので、無理せずやっていければと考えます。目下はダート1400~1600mを視野に。できれば広いコースが良いでしょう」(尾関調教師)

 

 

先週のレースで見事な勝利を挙げてくれたグランソヴァールですが、この後は「とりあえずは一旦リフレッシュ放牧を挟んでから」ということで、明日にでも美浦近郊の外厩へと放牧に出される予定になっているよう。

 

レースを終えてもすぐに放牧に出すのではなく、厩舎でレース後のケアを施してから外厩に出すというのは尾関厩舎のスタイルの通りですし、実戦を2度使ったことで脚元にダメージが来ているというわけでもなさそうですから、どうやら早い時計での勝ち上がりでも大きな反動までは出ていないようですね。

 

 

さて、まだ放牧にすら出されていないタイミングで気の早い話にはなりますが、外厩から戻ってきての復帰戦、そしてその後のローテーションはどのような感じになりますでしょうか。

 

今週の尾関先生のコメントの感じでは「年内もう1戦」または「年明けまで待つ」の2択のようで、レース直後のコメントにもありましたが、現段階では年末~年始あたりのレースというのが一応の復帰目標となっているようですね。

 

よく触れられる(?)左トモの具合など、身体的にもまだ弱い面を残しているということでもありますし、ひと月の間に2度使ったところから中2週でカトレア賞というのはいささか性急なような気もしていましたから、適度に間隔を開けていこうというのは歓迎。

 

加えて、「目下はダート1400~1600mを視野に。できれば広いコースが良い」というのも全くの同意見で、今回のパフォーマンスはもちろんのこと血統的にも左回りの半周戦がベストだと思いますから、年内に使うなら12月15日に中京競馬場で行われる500万特別の寒椿賞、来年まで待つにしても1月後半から始まる中京・東京開催を本線にしていくのが理想かなと。

 

また、父産駒の勝ち星が芝に偏っている現状と3歳ダート路線の選択肢の少なさから芝を使うというプランも候補に入ってくるかしれませんが、グランソヴァール自身は現状ではダートの方に勝ち星が偏っている「SSを持たないダンカーク産駒」ですし、一度リズムを崩すと取り返しのつかないことになるのが米血の怖さでもありますからね。

 

ということで、いち出資者・いちファンとしての考えにはなりますが、出来ることであれば(そうそうならないとは思いますが)どこかで頭打ちになるまではダートに専念してもらいたいなあ、というのが個人的な希望。

 

上手に育てていけば結構なところまで行けそうな雰囲気のある馬だけに、将来の大成のためにも今は目先のレースに囚われることなく、無理をさせずに長い目で見てあげるのが良いのでは、と思っています。