Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(11/3)スパーブアゲイン、若さ見せ大敗

 

先週の土曜京都4レース、11月3日(土・祝)京都4R 2歳未勝利(芝2000m)に出走したスパーブアゲインは8着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

スパーブアゲイン

 

18.11.03


ゲートで大きく立ち遅れ、前半はやむなく最後方。向正面でいったんは好位まで押し上げましたが、4角でのコーナリングにスムーズさを欠き後退。結果8着での入線となっています。


「ゲートで我慢が利かず、立ち上がってしまったところが心の若さ。4角で外に膨れてしまったところは体の若さですよね。まだスピードが出ていない1~2角は回れても、ペースが上がる3~4角では遠心力でどうしても膨らむような格好に。馬自身は前に進もうとしてくれているのですが、まだトモが緩いですから…。直線ではちゃんと真っ直ぐ走っているんですけどね。要するに心身ともにまだまだ馬が若いということ。トビが大きく、能力はありそうですので、もう少ししっかりしてきてからだと思います」(藤岡佑騎手)


◆成長途上である現状やレースの流れなどを踏まえ、「意識的に向正面で上がって行く形」(鞍上)となりましたが、スタートでの出遅れと4角でのロスは大きく、全体的に未熟さを露呈する形となってしまいました。コーナリングに関しては「左右周回の問題ではなく、最終コーナーからの直線の長さの問題。東京よりも今回の方が直線が短いぶん、4角の時点で始動が早く、スピードが乗っているため外に振られやすい」との見解でした。厩舎陣営によれば、「トモが緩く、コーナーをうまく曲がれなかった様子。もう少し練習が必要のようですね。ダートの方がスピードが出ないという意味では、現状そちらの方が良いという考え方もできます」とのこと。レース後の馬の状況なども窺いつつ、改めて方向性を検討していく予定です。(HTC)

 

 

ゲート内で立ち上がったタイミングでスタートが切られてしまい、大きく後手を踏んで最後方から。

 

 ここで早くも5馬身ほどのロスとなってしまい、そのまま1頭ポツンと離された最後方となって向こう正面に入ります。

 

 向こう正面に入ると前との差を少し詰め、後方馬群の一番後ろくらいのポジションに付けていましたが、800m地点あたりで突如として外目から進出を開始。

 

一気にポジションを上げに掛かりますが、この動きに他馬も反応して思うように押し上げられず、逆に3コーナーでは内から5頭分ほどの外目、大外の外を回らされるハメに。

 

そして、3コーナーから4コーナーにかかるところで大きく外へと膨れてしまい、一気に最後方まで後退。

 

直線では再び脚を使ってくれたものの、既に上位との差は大きく開いており、そのまま後方でフィニッシュ。

 

結果、勝ち馬から2秒6差の8着に敗れています。

 

 

・・・ということで、緒戦からの前進を期待して送り出したスパーブアゲインのデビュー2戦目は、よもやの8着(4番人気)という結果に終わってしまいました。

 

大型馬の初戦としてはまずまずの競馬をしてくれていたデビュー戦の内容、そして中間の動きの良化からレース内容の良化を期待していただけに非常に残念な結果となりましたが、今回はゲートにコーナーにと心身の若さによって生まれた各所でのロスが非常に大きく、レースを見ての率直な感想としては「競馬内容の前進を期待したが、まず競馬にならなかった」とったところでしょうか。

 

競馬を教える段階にいる馬を道中から動かしていったうえ、「緩さが目立つ」馬で加速をつけながら内回りのコーナーに飛び込んでいった鞍上の判断に思うところが無い訳ではないのですが、今回のところはそれ以上にスパーブアゲイン自身の若さや荒さ、現時点での完成度の低さが目立ってしまっていたかなと。

 

結果として今回は心身の若さを露呈する大敗となってしまいましたが、今回の着差と着順がスパーブアゲインの実力とイコールでは絶対にないと思いますから、次回こそは着実な良化とレース内容の進展を見せられるよう、改めて心身を鍛え直してもらいたいところ。

 

特に3-4コーナーでの動きについては、ペナルティなしとはいえJRAから直々に平地調教注意を受けてしまったことでもありますから、次回は(今後は)同じような事象を絶対に起こさないよう、日々の鍛錬でしっかりと態勢を整えたうえで競馬場に戻ってきてもらいたいと思います。