Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(11/3) ここで決めた!グランソヴァール、5馬身差で堂々初V!

 

昨日の東京競馬2レース・11月3日(土・祝)東京2R 2歳未勝利(D1400m)に出走したグランソヴァールは1着でした!

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

18.11.03


好スタートから、前半は2番手。逃げ馬をピッタリとマークし直線残り200mで難なく抜け出すと、最後はリードを広げて先頭ゴール。嬉しい初勝利となりました。


新馬戦の時と同様に雰囲気は良好。初戦は窮屈な競馬になって勝てませんでしたけど、今日はこの馬の力を出せました。スタートが決まり、直線ではどこで追い出そうかというくらいの勝ち方でしたからね。完勝です。芝でも走れないことはなさそうですが、ダートの方がより強い競馬を見せてくれるような気がします」(戸崎騎手)


新馬戦の時とは違って外めの枠でしたし、頭数も少なめ。敵は2着の馬だけでしたからね。嫌なのはこちらが押し出されてハナに立ち、マークされる形でしたが、相手が先に行ってくれたことで展開も向きました。完勝だったと思います。2歳のこの時期での勝利はひとつホッとできますし、これで今後が楽にもなってきます」(尾関調教師)


◆今日はスタートを決め、番手につけた時点で勝負あり。持ったままで相手に並びかけると、終い1ハロンから軽く仕掛けただけで5馬身差の楽勝。新馬戦での鬱憤を晴らすかのような派手な勝ち方となりました。なお、このあとは、「馬の状態次第では続戦も考えますが、何もここで無理をする必要はないですし、軽くひと息入れて年明けあたりでも良いかなと。まだ途上ですから、あくまでも馬に合わせて考えていきたい」(調教師)と思います。(HTC)

 

 

好スタートを切って先行態勢を取るも、先手は外からハナを主張してきたファムファタルに譲り、2番手でレースを進めます。

 

道中では前を行く馬を唯一の目標としてマークしつつ、外目につけて他馬からのプレッシャーも受けない理想的なポジショニングを確保し、スムーズなレースを展開。

 

レースの流れに目を向けてみると、最初の600mは37秒2と緩やかな流れだったものの、3コーナーに入ると徐々にラップが上がっていき、それに合わせて前を行く2頭が競り合いながら後続を離していく恰好に。

 

そのまま2頭でペースを上げて行くと後続は追い通しでも追走に手一杯となり、直線を向くころには前を行く2頭と後続との差は5馬身ほどにまで広がり、早々と一騎討ちの様相になります。

 

直線ではそのまま人気2頭による叩き合いが展開されるかと思われましたが、直線を向いての2頭の手応えの差は歴然、鞍上の戸崎Jの手が激しく動く間もないままに、坂の上りでグランソヴァールが先頭に立ちます。

 

そのまま2番手以下との差を広げていくと、最後まで強く追われることの無いまま、ゴール前では流す余裕も見せてのゴールイン。

 

最初から最後までほとんどワンサイドの圧勝で、見事に初勝利を手にしています!

 

 

 

・・・ということで、グランソヴァールのデビュー2戦目は、見事に1着(1番人気)という結果でした!

 

今回はデビュー戦を使っての上積みが見込まれ、また相手関係が手薄だったこともあって勝利を強く意識して送り出した一戦でしたが、その勝ち方は予想以上のモノ。

 

外目の枠番と前回の反省を活かしてスタートから最後まで隙のない競馬を心掛け、そんな中でも2番手追走の形から楽な手応えのまま36秒5で上がられたのでは、相手はどうすることも出来ませんよね。

 

また、2着に5馬身差・3着馬はそこから更に8馬身差という見た目のインパクトに加えて勝ち時計の1分26秒2も優秀で、過去10年の間に良馬場の東京D1400mで行われた2歳未勝利戦:計65鞍の中では、2010年10月のサミットストーンと並んで3位タイとなる好時計。

 

そして、この4鞍の勝ち馬の中で上り3Fを36秒台で纏めていたのは今回のグランソヴァールただ一頭ということでもありますから、今回の一戦は内容的な価値も含め、得るモノがとても多いレースになってくれたと思います。

 

 

さて、先週の東京競馬で我らがグランソヴァールがデビュー2戦目という早さ、それも素晴らしい勝ち方で初勝利を挙げてくれました。

 

今回のレースでグランソヴァール自身の勝ち上がりが成ったのはもちろんのこと、16年の春に半姉ゼロカラノキセキ単勝1.4倍の支持を集めながら4着に敗れて以来、2年間で出資馬8頭が計19戦して未勝利と、長らく出資馬にとっての鬼門となっていた東京競馬場での初勝利を、弟のグランソヴァールが挙げてくれたというのも嬉しい限り。

 

また、この2戦で厩舎陣営や戸崎Jが今後に向けての手応えを掴んでくれたようでもありますし、今回のパフォーマンスなら昇級即通用はもちろんのこと、順調に進んでいけば将来的に大きな舞台へ駒を進めていける可能性も十分にあると思いますから、これからの更なる成長と活躍が本当に楽しみ。

 

現時点でまだキャリア2戦、デビューして1月と経っていない2歳馬に言うには早いかもしれませんが、調教中の怪我によって失意のままキャリアを終えることとなってしまった姉の分まで大成できるよう、弟グランソヴァールにはこれからも怪我なく順調に競走生活を送ってもらいたいと思います。