hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走情報(11/3)スパーブアゲイン、上積みに期待

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の京都競馬4レース・11月3日(土・祝)京都4R 2歳未勝利(芝2000m)に我らがスパーブアゲインが出走します。

 

前日夜22時現在の前売りオッズは、単勝34.2倍の3番人気。

 

(オッズはともかく)人気順や専門誌の印はまずまずといった感じで、ここは今年のダービー馬・ワグネリアンの全弟で初戦2着のカントルが断然の存在であり、スパーブアゲインは離れた二着争いを繰り広げてきそうな集団の中では上位候補となる存在、というくらいの評価を受けてはいるようですね。

 

 

また、枠順は4枠4番となりました。

 

現時点で既に520㎏に迫ろうかという迫力のある馬体を持つ一頭だけに、あまり内すぎる枠を引くとどうかという所はありましたが、9頭立ての偶数中枠なら大きな心配はないでしょう。

 

前走は直線で少し窮屈になるようなシーンが見られましたし、現状まだ瞬発力勝負では分が悪そうな印象もあるだけに、今回はイメージ通りの長く脚を使うような競馬で上位を窺ってもらいたいと思います。

 

 

さて、土曜競馬での2歳馬3頭出しの第二陣として、明日の京都でスパーブアゲインがデビュー2走目を迎えることとなりました。

 

陣営サイドからも上々のコメントが出ているように、初戦から中2週での参戦ながら反動よりも上積みの方が大きいように思えますし、実際にこの中間は調教での動きも着実に良化してきていますから、ここは所謂「大型馬の初戦」だった前走以上、9番人気で8着だったデビュー戦以上の内容と着順を見せてくれることはまず間違いない…と、自信と期待をもって臨む一戦。

 

それでもまだ緩さが残る現状、一戦一戦で勝ち負けを見込むよりも実戦を使いながら上積みや経験を積んでいく段階とは思いますが、そんな中でも明日のレースでは前走からの着実な前進を示しつつ、出来ることなら今後にメドが立つような競馬を見せてもらえれば、と思います。