Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(11/1)エレナレジーナ、いざ重賞へ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

18.11.01

 

11月3日(祝・土)京都11R ファンタジーS(G3・芝1400m)に藤岡康太騎手にて出走予定。


「昨日は福島行きの際の鞍上に予定していた藤田菜七子騎手を背に追い切り。実戦を一度使って余計に馬が走りたがる感じになっていたこともあり、やや折り合いを欠くようなところが見受けられました。この分だと1800mよりも、初戦に騎乗して分かっている藤岡康太騎手で京都に行った方がよいでしょう。状態は週を追うごとに良くなり、昨日はこの馬本来の動きを見せていたと思います」(加藤征調教師)


「すごく真面目で一生懸命に走る馬ですね。小柄な牝馬を感じさせないパワーがありますし、しっかりとしている印象。昨日も引っ張りきりの手応えだったように、新馬戦を勝っただけのことはありますね。競馬に行ったら折り合うのかもしれませんが、稽古では真面目すぎるところがありました。したがって、レースでは折り合いがカギかなと。あまり力まずに走って欲しいところです」(藤田騎手)


「筋肉に質感があって、コンディションは良好。前回よりも着実に良くなっていますよ。1400mの距離は合いますが、今回は2戦目にして早くも重賞挑戦。良血馬などがいることですし、相手関係がどうかでしょう。輸送は大丈夫そうですから、何とか頑張って欲しいところです」(菅原助手)

 

 

先週の時点では今週末の復帰戦を土曜京都の重賞・GⅢファンタジーSと日曜福島の自己条件・きんもくせい特別との2択としていたエレナレジーでしたが、最終的には11月3日(土・祝)京都11R GⅢファンタジーステークス(2歳OP・芝1400m、牝馬限定戦)への出走を確定させ、デビュー2戦目にして晴れて重賞出走ということになりました。

 

「冬場に重賞レースで2勝目を狙う」という、父産駒の傾向に真っ向勝負を挑むようなチャレンジになりましたが、ここはGⅢながら9頭立ての少頭数かつ全馬が1勝馬という実質500万条件のようなメンバー構成、それも牝馬限定戦ということなら色気を持つなという方が無理というもの。

 

頭数の少なさから単純に「1頭交わせば入賞圏」ということもありますが、キャリアの浅い馬同士による混戦の中で操縦性の高さとセンスの良さが活きれば上位進出も十分に可能だと思いますし、前走で見せた前進姿勢の強さからも短縮が効きそうなイメージを持っていた事もあり、個人的には大きな楽しみをもって臨める一戦です。

 

また、今回は重賞レースへの出走ということもあり、ファンタジーSの「伏兵候補」として、我らがエレナレジーの名前が各メディアでも取り上げられていますね。

 

 

www.keibalab.jp

 

 

外向けの談話として加藤先生から「この馬も能力はある」「流れひとつでチャンスがある」と良い調子のコメントが出てきているのは何よりですし、それでなくとも出資馬の名前がメディアに取り上げられるのは嬉しいもの。

 

もちろん、この一戦を「記念出走」に終わらせるつもりは毛頭ありませんから、今週末のエレナレジーには好調なクラブの2歳世代の旗手として、世間を騒がす一発大穴を期待したいと思います。