Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(10/25)グランソヴァール、このまま順調に

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

18.10.25

 

美浦トレセン在厩。昨日はウッドにて普通キャンター、今朝少し速めを消化しています。


「時間差で後から疲れが出るようなこともなく、回復は順調ですよ。トモなどに課題を残しているとは言え、そこまで酷い状態ではないですし、これなら続戦も大丈夫でしょう。ある程度仕上がった状態で初戦を迎えましたので、そこまで大きな上積みはないものの、一度レースに使ったことで内面的には上がってくるかもしれません。予定通り、11月3日(土・祝)東京2R 2歳未勝利(ダ1400m)に向かいたいと思います」(尾関調教師)

 

 

来週末の東京戦・11月3日(土・祝) 東京2R 2歳未勝利(D1400m)に向けて美浦で調整中のグランソヴァールですが、今朝にはウッドで1週前追いとなる時計も出し、レースに向けての態勢を着々と整えてきています。

 

その追い切りでの動きは相変わらず上々で初戦を使っての大きな反動までは感じられず、また実戦を一度使ったことによる内面の上積みも見込まれているようですから、次走でも引き続き楽しみが持てそうですね。

 

また、課題とされているトモの具合は「そこまで酷い状態ではない」ということでもありますし(半姉のゼロカラノキセキも、古馬になるまでトモの具合と相談しながら競走生活を送っていたように)、この辺りの押し引きについては厩舎サイドでしっかりと見極めていただけていると思いますので、乗り込みの再開後も依然として続戦への青信号が灯っているということはレースを使っていくのに不足の無い状態をキープ出来ていると判断されているということで、それならば来週のレースでも能力をしっかりと発揮してくれるはず。

 

となれば初戦の内容から次回も余程の事がない限り変なレースにはならないはずで、相手ひとつ流れひとつで勝ち切るチャンスも十分にあると思いますから、次走でも初戦に続けて良い結果を出せるよう、ここからの1週間も順調に過ごしていってもらいたいと思います。